私の親の家には、「私の人形」がある。


私の叔父には人形師の友達がいて、

私が3歳の時の写真を元にして

それをこしらえてもらったそうだ。


ちなみに、雛人形も全部私である。


まあ、それはさておき。


問題は、最初に作ってもらった人形である。


普通の市松人形で、所謂ロンゲのおかっぱ。


当時(幼稚園)の私はベリーショート。


で、デブだったので人形も伏せ目で作ってもらった(らしい)。


故に瞳は入れなかったそうだ。


それから十数年。私は高校生となり、

親から髪を伸ばす事をやっと許された。


数年後、気づくとその人形と同じ髪型になっていた。


ある年末の大掃除の日、人形も掃除してやろうと、

手にとったのだが、


人 形 と 目 が 合 っ た


思わず人形を取り落としそうになった。


瞳は入れてないはずなのに、何故?


これが不思議なことの始まりだった。


それからしばらくして、妙な事に気づいた。


人形の髪が伸びてる…?


背中でぷっつり切り揃えている筈の後ろ髪が不揃いなのだ。


この時は、


「まあ、湿気で伸びたのだろう」


とか


「古いから、何本か抜けて不揃いに見えるだけなのだろう」


で済んだのだが、

私が美容院に行った次の日、

人形の髪は、きっちり腰までで綺麗に切り揃えられていた。


以来、これは続いている。私は腰までの長髪で、

半年に1度しか美容院には行かないのだが、親はその人形を見て、


「あ~**(私の名)は先週美容院に行ったようだね~」


とか言っているそうだ。


それが常に当たっている所が怖いのだが。


あ、落ちですか?


ありますよ。


一番怖い話。


ほんの数年前知ったのだけど、


「叔父の知り合いの人形師」


というのが、本当は


「叔父の愛人が人形師」


だったってこと。


…やはり恨みが篭っていると思います?


この「私の」人形。


親が亡くなったら私が引き取らないといけないんだろうけど…

(雛人形込み16体)


ちょっと怖いです。