元々霊が見えたりする方なんですが、これは流石にヤだなと思った時の話を。


当時はまだ実家にいた頃。


初夏のある日、窓は開けて、網戸のみにして風通しを良くしてた夜。


うつらうつらしていた時、窓の外から弟が私を呼びました。


「お姉ちゃん、こっち来てよ」


パッと目を開けると、全身金縛りになりました。


返事をしようにも、声が出ない。

「お姉ちゃん、楽しいから一緒にこっちで喋ろうよ」


何度も何度も誘ってくるので、動かない身体で力を振り絞り、


「お姉ちゃん眠いから明日ね」


と言いました。


金縛りに遭ってる事を言えば弟は心配するので、言えなかったのです。


蚊が鳴くような細い声しか出なかったのに、外にいた弟には聞こえたらしく


「ふーん、つまんないの」


と返事が聞こえてきました。


その返事と同時に、隣にある弟の部屋から


『ドンッ!!』


という音が聞こえました。


私と弟の部屋を仕切る壁にぴったり添うかたちで、弟はベッドを置いてました。


寝相が比較的悪い弟はよく足を壁にぶつけたりして、

夜中に驚かされる事がよくありましたが、

まさしく同じ音だったのです。


「あれ…?」


窓からベッドに戻ったとしても窓を閉める音がする筈なのに、全くしない。


我が家のベランダは蒲団を干すだけで精一杯で、人が立てるような幅はないし、

目の前に線路と国道があったので、よほど身を乗り出して大声を出さない限り、

真夜中とは言え、隣のベランダから私の部屋に声は届かない筈。


けれど声は耳元で囁いた時のように、鮮明に聞こえました。


あ、あの呼び掛けは、弟じゃない。


意識はやたらクリアでしたが眠かったので、気にはせずに目を閉じたら、それ以上は呼ばれませんでした。


念の為に翌朝弟に聞いたところ、呼ぶどころか、その時間には寝ていたとの事。


ビビリの弟には、それ以上は聞いておりませんが。


ちなみに最近の話。


今は1Kの部屋で一人暮しをしていますが、これまた真夜中。


母の声で


「こっちに来たら楽になるよ」


と、玄関の外から呼ばれて、同時に金縛りに遭いました。


1Kでキッチンと部屋の合間の扉は開け放しているので、

ドアの外で呼ばれても聞こえない訳じゃないですけど、

その時も耳元で呼ばれて。


眠かったので


「うっせえバカ野郎!!眠いんだよ!!」


と怒鳴ったら、金縛りも解けました(笑