俺が体験した話。


中学三年の時、

墓場の近くで筆箱を拾った。


中にはよくある油性ペンが5.6本入っていて、

消しゴムとかそういうのはなかった。


紙に書いたらインクがまだ出たから、

友達数人に気前よくあげた。


普通の油性ペンより変な臭いがして、

俺は使わなかったけど。

でも俺が油性ペンをあげた友達は結構使ってたみたいで、


「よく使えるよな、変な臭いしねえ?」


って言ったら、


「普通の臭いじゃん」


って言われて、俺は首かしげた。


で、ある日の休み時間に

友達の一人が机で眠ってたから、

油性ペンあげた一人がふざけて、

あの油性ペンで眠ってる奴の顔に落書きした。


おでこに「肉」って書いて、

みんなで大笑いしてたら、

いきなり眠っていた奴が


「痛い痛い痛い!!!」


って大声で飛びおきて、

肉って書いてあるおでこを爪で引っかきはじめて、

呆然としてる俺達の前で

奴は爪で顔の皮をバリバリ掻き毟って、

すごい血がおでこから流れて、

肉の文字の書かれた皮膚がべりってめくれて、

中からピンク色の本物の肉が見えてた。


「痛い痛い痛い痛いぃぃぃぃぃぃ!!」


って奴は叫びつづけて、

駆けつけた先生がなんとか取り押さえて、

救急車で運ばれていった。


それから奴は学校に来なくなった。


噂では、今でも肉って文字がどうやっても消えなくて、

手術しても、すぐ皮膚に浮かび上がってくるらしい。


みんな怖がって、

あの油性ペンを学校の裏に捨てたんだけど、

三日ぐらいして見にいったら全部無くなってた。


ちなみにあの油性ペン、

人間の油で作られたって噂もある。