墓石に混じって地蔵のような奇妙な仏様?か、

道祖神?みたいな石が奉られている墓地がある。


それは墓石の一種らしく、

それも奉られてたり、

墓石扱いされてたりするんだが、

かなり異様。


そんな奇妙な石が

山の斜面をくり抜いたような場所に

四体並んでいるのがある。


ある老婆が教えてくれた。


これは自分のご先祖様の墓で、

こんな墓石はこの墓地にいくつもある、と。


その婆さんはいくつか語ってくれた。


「この地蔵(老婆は地蔵と言っていた)は

裏に英語がびっしり刻まれているんじゃ。

わしらの曾祖父様の頃からあって、

どうして英語が刻まれているのかはわからん。

英語の内容もさっぱりとわからん。

孫が言うには読める部分で

“justanight”と書いてあるらしい。


孫は

「ろくに英語を勉強しなかったからこれしかわからん」

と言っていた。

そして、四つのうち、

三つの背中にも英語の文章がびっしりと刻まれている。

そして、もしかしたらだが、こ

れは三つの地蔵の文章を繋げて読むものかもしれないらしい。


だが、こんな地蔵がこの墓地にはいくつもある。

そして、その地蔵には必ず背中に英語がびっしりと刻まれているんじゃ。

英語が読める者が何人かいたが、誰も文章をまとめて読んだ者はおらん。

途中で恐ろしくなって逃げたくなるらしい。

もうここらは人も少なくなった。

これを知ってるもんは少なくなった…」


地蔵のような奇妙な墓石が置いてある墓地を見つけたら、

試しに背中を見て回ってほしい。


見ようとしなくても、

背中を触るだけでも分かる。


指先で背中を舐めれば分かるからだ。


そして、近くに寺か神社を見つけたら、

建物の下の部分を見てまわるといい。


ネズミや猫が入れないように板がはめ込まれているが、

一カ所だけ外れる場所がある。


それは村の若者ならみんな知っている。


その外れる板の裏には英語が書いてある。


そして、その上にお札が一枚貼られている。


墓地に地蔵に似た不思議な石を見つけたら、

試しに背中を見てほしい。