これは自分が小学3年の時

上級生に毎日イジメられてて

その日もトラックの前に押し出されて

トラックは止まってくれたんですけど

体が動かないですよ


最初は怖くて動かないのだと思ったんですけど

次の瞬間自分の意志で動けなくて

体が勝手に近くにあった木の棒で

その突き飛ばした上級生を殴っていた。


自分は気の弱い人間


何で絶対そんなことは出来ないのに

しかも一回殴っただけで血が吹き出すくらい強く

普通小2の子供にそこまで強い力は出せないのに

結局自分は何かに操られるように

二人の上級生に大怪我を負わせてしまった


その後先生に怒られると思ったら

意外にも自分の心配をされた


どうやら突き飛ばされたのを誰からか聞いたらしい


とにかく親には連絡しとくから

今日は帰りなさいと言われた


その日の夜誰も居ないのに

自分の耳元で


『助けてやったんだからお前からあれを貰っていく』


確かに聞こえたあれとは何だ


その日は不安で眠れなかった。


次の日朝居間にいくと

飼っていたハムスターが死んでいた


昨日はあんなに元気だったのに


それ以来自分が不利になると

にたような現象が起こり数日後ペットが死ぬ


もしペットを飼わないでいたら

いったい何を持っていくのだろう。