夏なのでひとつ。


その年は数年ぶりかの猛暑で、当時小学2,3年だった私は

あまりの暑さに耐えかねて、学校の帰りに公園にでも寄って行こう、

と一緒に帰っていたCを誘った。


その公園は人工的に川が作られていて、

最初は割と流れがきれいなところで足だけ水に浸したり、

葉っぱの船を流したりしていたが、

そのうち私はもっと上流へ行ってみたくなってきた。


Cは


「そっちいくと怒られるよ」


といって気乗りはしていなかったが、上流の脇の道は、

ちょうど家の近道でもあったので(しかも木があって涼しい)

結局一緒に来ることになった。


軽い坂道を登るとすぐの距離に水源があった。


水源といっても循環式なので、

ひたすら藻が多いちょっとした池のようなところで、

割と深いらしく中に


「危険につき立ち入り禁止」


の札が立てられていた。


奥の方で、どろどろと力のない小規模な滝が落ちている。


回りに木が多いせいもあってか、

全体的にどことなく薄暗く淀んでいる雰囲気だった。


「怖いよー」


とおびえるCに、さすがに私も気味が悪くなり、


「もうかえろっか」


といいつつCの方へ振り返ってみて、瞬間凍りついた。


そこにいたはずのCはいなく、代わりに私の半分くらいの背丈しかない、

赤い顔のおじいさんが無言で私を睨んでいたのだ。


(変な人だ!)


逃げなきゃと思い、走り出したかったが足がなかなか思うようにならない。


反射的に後すざりして離れようとした。


「危ない!!」


その一言で、はっと我に返った私は、

今にも池に落ちそうになっている自分に気付いた。


目の前にいたおじいさんは気が付くと消え、

その代わりにびっくりした顔のC。


「どうしたの?」


と不思議そうなCを連れて、泣きながら走って家まで帰った。