中央線に乗った。


座席が空いていたので座った。


目的の駅まで寝ようとした。


電車に揺られ

気持ちよくなってきた。


・・・隣から声が聞こえた。


薄めで横を見ると婆さんだった。


何かぶつぶつ言っている。


目をつぶりながら耳を片向けた。


婆さん『かごめ・・・かごめ・・・籠の中の鳥は・・・』


【かごめ】の童謡を歌っていた。


ボケてるのか?


そんなことを一瞬思ったが、

気にしないで寝ることにした。。


数分後、笑い声が聞こえた。


【ウヒャヒャヒャヒャ!】


その直後、電車が止まった。


人身事故だった。


横を見た。


婆さんの姿は無かった。