俺の親父は土建屋を経営してる。


とは言っても、

決して大きい会社では無く、

従業員は5名ほど。


社長という肩書きではあるものの、

現場最前線で働いてる。


住んでる所がけっこうな田舎なので、

仕事する現場が山中だったりする事も多い。


俺が高校生の時に、

夏休みを利用して何回かバイトさせてもらったけど、

その時も山の中を流れる川の用水工事?みたいな仕事だった。


土木に詳しくないので・・すまん。


今までも何回か洒落にならんような出来事はあった。


山の中で仕事してたら遠~くの方に人がいる。


木々の間に。


それが何日経っても動かないもんだから、

見に行ったら首吊り死体だったとか。


そんな感じの。


で、先日。


いつもより帰りが遅かったんで何かあったのか聞いたら、

従業員がチェーンソーで足を切ってしまったから

病院に行ってたとの事。


切り落としたって訳じゃないが、

20針くらい縫う事になったって言ってた。


それは大変やったなぁとか喋ってたら、

親父が今の現場はヤバイ場所かもしれんなぁとか言い出した。


詳しく聞いてみた所、

今やってる現場もまた山中にあるんだが、

変な事が立て続けに起こってるらしい。


まず、木を切る事を専門にしてる業者?を呼んで木を切ってもらってたら

あるエリアに入るとなぜかチェーンソーが止まってしまう。


他の場所はなんの問題も無く切れるそうなんだが

なぜかそのエリアに入るとチェーンソー停止。


しかもエンジンかからない。


で、切った木を重機で集めてたら、

ガバっと木を掴んだ時に、

圧縮された拍子で跳ねたって感じかな?


枝が重機の運転手めがけて飛んできて、

重機運転席の窓ガラスが1枚割れた。


まったく同じ事で木を積むダンプの運転席の窓ガラスも破損。


んで、

これは何かあるんじゃないのか?

って従業員と喋ってたら、

山の中から


「お~い」


って呼ばれた。


親父曰く、

ちょっと高音でかすれた声。


その時現場には

自分とこの会社の人間しかいなかったらしく、

しかも全員ちゃんと聞こえたそうだ。


その声はそのまま放置して、

また仕事を再開。


ところがその声が何回も何回も聞こえてくる。


「お~い」


「お~い」


男とも女とも言えない声だったらしいが、

これはさすがにまずいと思ってた矢先に

チェーンソーで足を切る事件が起きたそうだ。


もちろんその日の仕事は終わりにして、

病院に行った。


んで帰宅。というわけだ。


次の日に神主呼んでなんかお払い?やってもらったらしいが、

一応、その後は何も起こってないらしい。


なんか埋まってたのか、

それとも切ってはいけない木?だったのか。


真相は分からんが、そんな話。