おれの家の近くに白山神社がある


もっとも白山神社といっても

日頃は神主もいない無人の神社なんだけど

その神社は正面の社殿と

その脇にやや離れて建てられている祠で構成されていて、

問題はその祠だ


おれは小さい頃からこの祠がとても怖かった


小学校の頃、一度中をのぞいてみたら

中は壁も天井も全体が真っ赤で実に禍々しい雰囲気


床にも赤い布が一面に引いてある


広さは4畳半くらいで

奥にでんでん太鼓みたいなものが一つと

刀(?)が一本立てかけてあった


家に帰ってあれはなんだと親に聞いたら

稲荷の祠らしいとのこと


ほかにも当時の小学校内で、

あの神社の周りの林に

火の玉が飛んでるのを見たやつがいる、

という噂もあった


おれはとにかく怖かったので、

遊ぶ時でもできる限りその神社、

特に祠には近づかないようにしていた


おれが中学2年の年の4月末のある日、

夕方に例の白山神社の前を自転車で通ったら

なんとあの祠の鉄製の扉が突然バーンと開いて、

中から人が6~7人出てきた


おれは驚いた、

あの中に人が入っているのを見たことがなかったからだ


さらにその後もっと驚いた、

最初に出てきた6~7人の後にすぐ続いて

ぞろぞろぞろぞろぞろぞろぞろぞろ・・・と

30人近い人数が出てきたのだ


一体あの中で何をやっていたのか?


いやその前に物理的に考えても

あの人数がどうやって入っていたんだ?


出てきたのは全員大人で男ばかり


おれは知ってる顔がいないかとその人たちの顔を見つめたが、

知ってる人はひとりもいなかった


やがてあっちの方の何人かが

睨みつけるような顔でこっちを見るので

あわててそこを離れた


親に聞いたら夢を見たんだろうと言われたけど、

絶対に夢ではありません


祠と社殿は直接つながってはいないので

社殿の方から移動してきたわけでもないはずです


後はあの祠の中に地下に下りる階段でもあるのかもしれませんが、

以後10年近く確かめたことはありません


いまでも神社と祠はそのままあります