実際に体験した話。


某国に住んでいた時に

友人と3人でドライブをしていて

展望所などもある某山に登っている途中、

いや、その山の名前を聞いた時から内臓が急に暴れだし、

寒くも無い夏にものすごい悪寒や

(熱とか無しでよく興奮するとがたがた震える感じのやつ)

吐き気が襲ったの。


だから上りだしとときは

行きたいないって友人にも訴えたけど聞いてくれなくて、

そうこうする内に急に山に霧が立ち込めて

1メートル先も見えないぐらいに視界が悪くなり

車を止めました。


そこは大きなカーブになっていて

天気が良いと見晴らしがいいので

車が停めれるようになっていました。


友人二人は車から降りて

普段はここからの眺めはいいんだよとか言って

私にも車から降りるように催促したのだけど、

その時の私は自分であって自分じゃない感じ


トランス状態というか・・。


日本語以外はしゃべれないのに

当地の共用語を流暢に話し、

もの凄く興奮しながら


「おかあさん、お父さん!帰りたい。

家に帰りたい。お願いだから。帰りたい。

助けて。苦しいの」


とか言って

泣きじゃくっていたらしいのです。


友人は私の状態に驚いていたし

後で聞いたら子供の声で、

子供の言葉を使っていたらしいです。


結局泣きじゃくる私に怖くなって山を降りたら、

私はスーッと体が軽くなり、

その感覚がなくなりました。


その夜はそのままだったのですが、

3日後に友人が新聞を持ってきて丁度車を停めたあの場所から

子供の遺体が発見されたとの記事を見せてくれました。


どうやら1ヶ月ぐらい前に近くで誘拐事件があり、

あの場所で殺されたという事でした。


犯人のインタヴューの記事も後日載り、

最後に子供が


「お母さん、お父さん。家に帰りたい」


とずっと泣いていたと供述していました。


これ本当の話です。