3月末のある晩、会社に一人残っていた。


年度末でなんとしても

終わらせなければならない仕事があったのだ。


必死になっている最中に突然電話が鳴った。


外線のようだ。


時計を見ると深夜1時。


こんな時間に誰?と不審に思いながら、


私「はい○○企画課です。どちらさまですか?」

相手「。。。」


返事がない。


しばらく受話器を持って耳を澄ましたが、

なにも聞こえない。


なんだよ、こんな時間に間違い電話かよ、

こっちは忙しいのに!


ムッとしてちょっと乱暴に受話器を置き、仕事を再開した。


しばらくして、


「ピロロロ、ピロロロ。」


又電話だ。


さっきの奴か?、いい加減にしろよな!


「ハイ、○○企画課ですが!」


少し声を荒げて言った。


相手「。。。」


まただんまりだ。私は頭にきて、


「間違えたのなら一言あやまっても良いんじゃないですか!

無言なんてたちが悪いですよ!!」


と言ってガチャッと受話器を叩きつけた。


朝方ようやく仕事が終わり、

家に帰ると電話の留守録ランプが点滅している。


私は留守録再生ボタンを押した。


「午前1時10分、一件のメッセージがあります」


「すみません、すみません、すみません、すみません・・・」


弱々しい女の声で延々と謝る声が録音されていた。