先日、仕事中に妹から携帯に電話があったんだけど

妹も遠くに嫁に行ってて

めったに電話なんかよこす事が無いから

何だろーと思いながら出たら、

昔からお世話になってたおじさんが亡くなったって訃報でした。


俺んちは親が死んでて居ないのと、

俺もあちこち引っ越したりしてて連絡が取れないので、

連絡先のわかる妹のところに

おじさんの家族の人から連絡が行ったらしい。


そのおじさんは、

俺たちが子供の頃近所に住んでて

家族ぐるみで付き合いをしてて、

いつも家を行き交うような関係でした。


そのおじさんは元ラーメン屋で働いていたそうで、

たまに家でラーメンを作るのだが、

スープの材料の鶏がらや野菜を仕入れてきて、

本格的に丸一日かけてスープを作るんだけど

それが本当に美味しかったんだ。


妹から電話が来る2~3日前からなんだけど、

ふと昔ご馳走になったラーメンの味を思い出しちゃって、


あのラーメン美味かったな~食べたいな~

おじさんどうしてるかな~


なんて気になって


そう言えばおじさんは糖尿だって言ってたし、

もう70才を過ぎてる


年だし元気でやってるのかな~


おじさんも昔は暴れん坊で

いつも喧嘩ばっかりやってて威勢が良かったけど、

俺たちには優しかったな~とか、

そんな事を思い出してる時に訃報があったんだ。


お通夜と告別式に行ったんだけど、

おじさんは奇麗な顔をして棺桶の中に寝てました。


俺はどうしてもおじさんが焼かれるのを見たくなくて、

火葬場には行きませんでした。


それから1週間ほどしてからなんだけど、

朝方、夢の中におじさんが出てきたんです。


「おい!○○(俺の名前)

おじさんは死んだけど、元気だぞ!」


なんて事言うんだけど

死んだのに元気なんておかしいだろーって言うと


死んだら痛いとこが全部無くなって

すっかり元気になったんだよ~


一緒にラーメン食いに行こうぜ!

なんて言われて、ラーメンを食いにいったんだけど

食い終わったら、○○お前も頑張れよ!


なんて言いながら

生前愛用していたバイクに乗って去っていきました。(笑


後から聞いた事ですが、

おじさんは仲の良かった人のところ全部に

夢枕にたって別れの挨拶をして去っていったそうです。


おじさん義理堅いよ~。


おじさんが死んで泣いてたのに

元気な姿で去って行くなんて、

ちょっとかっこ良すぎじゃないかよ。


今、笑いながら泣いています。


おじさんありがとうございました