私は零感だから

都内や近場の心霊スポットが好きで

冷やかしに行って遊んでました。


毎回一緒に行く友達も零感だから

心霊スポットで周りがビビる様な事を

平気でしたりしていました…。


私達が心霊スポットに行く事を止めるきっかけになった事件を書きます。


神奈川某所にある心霊スポットのトンネルに、

男1人・女2人で行った時の話です。

(女友達をB男友達をCとします。)


車で山道を進むとゲートがあり

不法投棄を注意する無機質アナウンスが流れ、

真っ暗な山中で街中の心霊スポットにはない空気に

Bと最初は喜んでました。


有名なスポットだからかすでに車が一台止まっていたし、

普段から心霊スポットに遊びに行く三人に恐怖心はありません。


暗い山中だと聞いていたため

いつもより大きなライトを持ちトンネルに向かいました。


トンネルにつくと

前のグループの明かりやふざけて騒ぐ声で

怖いなんて思いませんでした。


トンネルを抜けると

Bが先にキャンプ場跡があると言い、

このまま帰ってもつまらないと思い行く事にしました。


キャンプ場までは

舗装された山道をしばらく歩きます。


途中で追い付いた前のグループと、

お互いの自己紹介をしながら道を進んで行くと

すぐにキャンプ場跡にたどり着きました。


川があり涼しい空気に

最初は全員安心していました。


「キャンプ場だし次回はみんなでキャンプしに来たいね!」


なんて冗談を言いつつ石橋を渡ります。


突然Cが


「静かにっ…」


て言い、

みんなびっくりして黙りました。


C「…声が聞こえた気がしたから。」


と言うと同時に

女性?の笑い声が微かに川の音に混じり聞こえました。


「自分達以外にも誰か他のグループがいるんじゃない?」


と言う合流した男D・E・Fが言い、

怖がる女の子を安心させるために


D「おーい?誰かいますか~?」


と呼びかけました。


誰からも返事はなく

さらに笑い声だけは聞こえます。


E「川の音で気付いてないんだよ。」


C「何人かの声がするし

話してるから返事しないんじゃない?」


F「普通にキャンプしてるんじゃない?

話しかけに行こうよ」


怖いと思わない男性達は

声がする方へ歩きはじめました。


※これからそこ行きたい人の為に

声の聞こえてきた場所までの進み方を書きます※


最初の石橋(確か一ノ橋でした)を渡り

道標がある所まで進みます。


道が二本に別れ、

左に石橋がありました。


右の道は草などが生えていますが進めます。


ここを進むと道は少し険しいですが

監視棟?につきます。


声はこの辺りにいます。


監視棟までの道で起きた事があります。


前から誰かの声がして

こちらに向かって来てるようでした。


合流したグループの女の子2人が怖くて歩けないと言うので

皆で声の主(全員が中年男性の声だったと言います)を待つ事にしました。


声の主は暗い山道をライトを持たず

こちらに歩いて来ます。


酔っ払い?の様な話し方で

何を言ってるかは聞き取れません。


声が近くまで迫った時に私達は気付きました。


声は確実に確実に近づいて来ています…

しかし姿は見えません


川音はしてるので

近づくまで足音は聞こえない事もあると思いますが…

10m…5mと声だけが近づいて来ます。


…そして声は何か嫌な感じと共に

私達の間を通り抜けて行きました。


ここで引き返すと

声を追い掛けてしまうので怖いですが先

に進む事にしました。


監視棟につくまでに合計4回声とすれ違いました。


最初の声は男性で後は女性2人と子供です。


みんなぶつぶつと何かを呟いてるのですが

何を言ってるかは聞き取れませんでした。


8人いて全員無言で監視棟につきました。


声とすれ違い時間もたってるし

すぐに戻ろうと話しをしてると、

最初に聞こえた女性の笑い声が川の方からしました。


E「誰かいますか~?」


返事なんてありません。


Eが呼びかけると同時に

空気が変わったのを覚えています…。


そしていきなりキャンプ場の奥の方から

声にもなってない様な叫び声が聞こえ、

気付いたら私達は石橋の所まで走っていました。


8人いるのを確認して

みんなで手を取り合い車まで行き逃げる様に東京へ帰って来ました。


最後に私はもう二度と心霊スポットには行きたくありません


どこに行ったかは書きませんが、

すぐに特定できると思います。


私なりに調べたら監視棟(正式名称ではないかもしれません)の

さらに奥にバンガローがあるそうです。


叫び声はその方向からしました


これから行く人がいたら気をつけて下さい