今年の7月22日に兵庫県の神鍋で起きた話です。


妹が言ってたのですが、この日林間学校で移動中に

田んぼのいっぱいあるところを、歩いていたそうです。


その時に、畦道を歩いている足を引き摺っている老人

(妹はおじいさんだと思ったらしい)

を見つけて、


「あそこにおじいちゃん歩いてるで。」


と友達に言ったのですが、友達は


「え?どこ?おらへんやん。」


と言って分からなかったそうです。


それで、何度も指をさして場所を教えたのですが、

何人もいた友達は見えなかったそうです。


その後、そのおじいさんをずっと見ていたら、

徐々に近づいてきたそうです。


そして、近づいてきたおじいさんを見て、

妹はびっくりしたそうです。


なんと、そのおじいさんだと思って見ていた者は、

おじいさんではなかったそうなのです。


妹は足を引き摺っているし、

おじいさんぽかったからおじいさんと思っていたのですが

実際は、ゼリー状のものに人間の足のようなものが

生えたモノだったそうです。


それは、最終的には妹のすぐ横を通り過ぎて

どこかに行ってしまったそうです。


見えているのを気付かれていたら、

やばかったと妹は言ってました。


それにしても、ゼリー状のお化けとは

どんな物だったのか見てみたいですね。


ちなみに、色は透明な黄緑色だったそうです。