あれはもう三年くらい前になるかな。


俺と彼女で伊豆に泊まりで

遊びに行ったときの話だ。


天気も良く西湘をドライブしながら

伊豆方面へと向かった。


途中までは快適に進んだんだが、

熱海を過ぎた頃からナビがおかしくなっちまった。


一応、目的地をインプットしてあったんだが、

グルグルと画面が回転している状態が続いた。


おかしいなぁ、壊れたか?


海沿いじゃなくて山越えルートにしたのは失敗だったか。


周りも何もなくひたすら1本の山道が続いているだけだった。


平日のせいか、対向車も後続車もない。


仕方が無いのでマップルを引っ張り出して、

彼女にサポートしてもらう。


俺も山越えルートは初めてだったんで

道がよくわからない。


ゆっくり出てきたのでそろそろ夕方だ。


あたりも暗くなりつつある。


まいったな、これじゃ時間通りに宿に着かないな。


携帯を見ると思いっきり圏外だ。。。


それでもひたすら山道を進むと

Yの字に分かれていた。


困ったことに標識が無い。


路肩に車を止め、どっちだ?と二人で問答。


ナビの現在地は八王子を指している。。。(アホナビ!)


仕方が無いので右へ進むことにした。


これがすべての間違いだった。


あたりはすっかり暗くなり

車のライトなしでは本当の闇だ。


当然ながら街灯もない。


しばらく進むと車がガタガタと揺れ始めた。


あれ?この道って舗装してないのか?今どき?


しばらくの間、

緩やかな下り坂をガタガタと進んで行くと

今度は三叉路に出た。


標識というか、

随分古い感じの案内板が立っていたが

字が消えかかっててよく見えない。。。


どうする?


どうしよう・・・戻る?


ここでもしばらく問答。


と、その時、

目の前を1台の車が横切った。


その車は三叉路を右から左の道へと受け流すように進んで行った。


久しぶりに自分達以外の車に出会った嬉しさからか、

俺らも勢いで左の道へ急発進した。


きっとあの車に着いて行けば街まで出られる!


勝手にそう思い込んで、

前をゆく車を見失わないように進んだ。


しかし前の車、異常に速い。


どこかの豆腐店並みだ。


どんな車なのかとよく見る。


白いセダンだがどこのメーカーか不明だ。


よほど足回りをいじってあるのか?


色々と考えていると

彼女が変なことを言い始めた。


ねぇ、あれって・・・どこのナンバー?


ん?ナンバー?ナンバーがどした?・・・


確かにナンバープレートはあった。


そして数字も書いてある。


しばらく見ていて何やら違和感を覚えた。


ナンバーは問題ないのだが、

陸運局の地名?が見たこともない名前だったんだ。


何やら昔の略していない複雑な漢字3文字だ。


3文字とも難しくて読めなかった。


あんな地名あったか?九州のほうかな?


えー・・・あんな名前聞いたことないじょ・・・


(翳欝嚢←こんなイメージ・・・)


そんな事を考えていたせいか、

気がついたら前の車が見えなくなっていた。


あれ?どこかに曲がる道でもあったのかな?


キツネにつつまれたような奇妙な感じだったが、

目印となる車がいなくなってしまい、

再び不安感がこみ上げてきた。


もはや先に進んでいいのか戻ったほうがいいのか、

俺達にはわからなくなっていた。


ナビは所沢を指していた。。。


と、遥か先に明かりが見えた。


やった、街だ!


やっぱこの道で正解だったべ?


この時ばかりはホッと安心し二人で喜んだ。


そして車を進めると、

さっき見えた明かりは民宿?の灯りだったことがわかった。


俺達は道を聞くために車を止め、

二人で降りて民宿の中に入った。


中には親切そうなおばちゃんがいて、

抜ける道を教えてくれた。


お礼を言い、

車に乗り込むと何か聞こえる。


ん?何だ?どこからか音楽が聞こえね?


え、あ、ホントだ・・・


よく見ると民宿の隣に建ってる家?から

聞こえてきているようだった。


あれじゃ近所迷惑だな、

とか言いながら民宿を後にした。


でもさー、あの民宿、

すごく臭くなかった?


え?そうだった?


俺、全然気がつかなかったわ。


アンタ、蓄膿だからね・・・


なんか生臭かったよー魚みたいな。


そっかー、客用の仕込み中だったのかな?


その時だった。


目の前を何かが横切った。


咄嗟に急ブレーキ。


鹿か?馬か?ヘッドライトに照らされて

一瞬見えたような気がするがハッキリとわからなかった。


しかし白い何かだというのは見えた。


そして冷や汗をかいてる俺に彼女が言った。


ねぇ・・・ねぇ・・・あれ見て・・・


ん?何?どした?


彼女の指差す前方をよく見た。


急ブレーキで立ち込めた土煙が引き、

視界が徐々に開けてきた。


あ・・・・


言葉が出なかった。


目の前には大きな岩がいくつも転がっていた。


きっと落石?があったんだと思う。


でもさっきまでそんなものは見えなかった。


山道とはいえ、

ここは直線に近かったから見えないはずがない。


きっとあのまま直進していたら、

岩に突っ込んで。。。


しばらく彼女と口をあけてポカーン・・・


その時、車の後ろに人の気配がした。


バックミラーを見ると一瞬、

白い人影?が見えたような気がした。


こりゃいかんってことで、

すぐにもと来た道を引き返した。


二人ともさすがに只事ではないということを感じていた。


もうどうしていいかのさえ分からなかった。


恐怖に引きつりながら進むと、

さっきの民宿の灯りが見えた。


助かった、とりあえずあそこに逃げ込もう!


あまりの恐怖で髪が

全部白くなってんじゃないかと思うくらいだった。


そして民宿の前で車を止めた。


そんな・・・あほな・・・


そこは民宿じゃなくて

俺達が泊まるはずのペンションだった。


よく見ると周囲には普通に民家がある。


人の気配も普通にするし車も普通に走っている。


もちろん普通のナンバーの車だ。


しばらく彼女と無言でポカーンとしていると

ペンションの中から従業員が出てきて誘導してくれた。


当然、その夜は気持ちの整理が着かずに

二人とも楽しめなかった。


今では彼女と、

あの時は狐に化かされたのかな?と言って笑い話になっている。