ある知り合いの保母さんから聞いた話


仕事中に子供を預ける施設で一人の子供が

だれもいない空中を見上げてしゃべっていた。


「ママ、ママ、」


その子の母親が迎えに来る時間は過ぎていた。


突然、電話が鳴り出し電話を取りにいこうとしたが

その子が窓に向かって走りだしたので

その子供を抱えて制止した。


しばらくして電話に出ていた別の職員さんに

廊下から呼ばれて行ってみると小声で


「大変、○○ちゃん(その子)のお母さんが交通事故で、、」


保母さんは思わずその部屋に残された子供を抱き締めた。


「○○ちゃん、、おかあさんがね、、」


ふと子供が見上げてる小窓を見つめると保母さんは


「ひゃっ!」


声にならない悲鳴をあげた。


2階にあるその窓にべたべたと

いくつもの手のひらの跡がついていたそうである。