自分は北海道の道北地区に住んでいる。


昔から言い伝えられている話を一つ。


道北地区にある寺のすぐ近くの切り立った崖の上には、

巨大な岩がある。


昔、身篭った妊婦がいた。


夫は漁師をしており、

近海で取れた魚貝で生計を立て、

貧しいながらも幸せな暮らしをしていたそうだ。


ある晴れた日の事だった。


いつもの様に漁に出た夫。


妻は家で帰りを待つ。


しかし、待てども待てども夫は帰らない。


痺れを切らした妻は、

夫の仲間の元へ足を運んだ。


しかし、仲間内でも、

帰らない事を疑問に思っていたらしい。


天気も良く、波も穏やかなのに。


もしかしたら、

事故に遭ったのかもしれない。


仲間の数人が夫を探す為、

船を出した。


数時間経つも、

仲間も船も帰らない。


妻は、近くの寺で仏に祈りを捧げていた。


やがて船が帰ってくる。


夫はいなかった。


男が言う。


「嵐がくる。今日はもう駄目だ。」


そう言うやいなや、雨が降る。


妻は、喚きながら夫を呼ぶ。


寺から出ようとした。


男達の制止を払いながら、

山の上に駆けて行った。


雨は強くなり、

風が吹き荒れ、

雷鳴が轟く。


妻は山の上から、

高い位置から夫の船を探すつもりだった。


山の、いや、

崖の上にある巨大な岩の上に立ち、

辺りを見回す。


雨と風で立っているのがやっとだ。


おまけに身篭った妊婦の体力は、

もはや限界にきていた。


夫を呼ぶも、風に掻き消される。


嗚呼…。愛する人よ。


妊婦の身を心配した男達は付近を探した。


しかし、妊婦はいない。


崖の上にいたはずの妊婦がいなかった。


家にも帰ってない。


嵐の過ぎた翌朝の事だった。


崖の下に、烏が集まる。


ぐちゃぐちゃに割れた肉塊の中から見える、

小さな肉塊が烏に啄まれているのを、

男が見つけた。


それ以来、嵐の晩に岩の上で泣き叫ぶ女の霊が出るという。


という訳で行ってきた。


この町は、雨は多いが、

嵐はめったにこない。


八月の晩、珍しく強い雨が降った。


これを好機と思い、

車を出した。


家からその場所までは車で20分ぐらい。


雨も風も強い。


雷が鳴り始めた。


絶好の条件だ。


間もなく場所に着く。


今は道がなく、

登る事は出来ない。


車の中から、

崖の上の岩を見上げる。


数時間たつも、

なんの変化もない。


馬鹿馬鹿しくなり、

帰ろうと思ったその時だった。


雷の光りに照らされ、

何かが見えた。


見間違いか?


車から出て、

出来るだけ近くに行く。


いる。


何かが間違いなくいる。


岩には草木はない。


見間違う筈がない。


雨に濡れながら、

見続けた。


ゆらゆらと、

何かが揺れている。


今までにない興奮と恐怖が身を巡る。


ゆらゆらと、くねくねとそれは揺れている。


違う。


女なんかじゃない。


女でも男でもない。


あれは人間じゃない。


そう感じた瞬間だった。


目が合った。


奴の姿はあやふやで、

顔なんか見えないのに、

間違いなく目が合った。


その瞬間、恐怖が体を支配し、

すぐに車に戻り家へ急いだ。


その日は濡れた体も拭かず布団に潜った。


翌朝、天気も良く、暖かいのに、

昨夜の恐怖が抜けない。


誰かに見られてる。


怖い。怖い。


やむを得ず、

その崖の近くの寺の住職に相談した。


「見たのか?」


「…はい。」


「馬鹿もの!」


住職は顔を真っ赤にして声を張り上げた。


すぐさま、誰かに電話をかけた。


「お前は憑かれた。

今から祓うから、これに着替えろ。」


と白い装束を渡され、

言うままに着替えた。


軽くパニックに陥ってた。


住職は何か準備をしてる。


自分は狭い部屋に入れられた。


「待ってろ」


しばらくしてから、

住職と二人の坊さんが来た。


自分を中心に三角形を描くように座った。


「お前は目を閉じてろ、

何があっても目は開けるな」


目を閉じた上から目隠しのようなものを巻かれた。


すぐにお経が聞こえた。


気を失ったのか、寝たのか、

そこからの記憶がない。


気付くと、

目隠しは取れていて、

住職が言った。


「もう大丈夫だ。二度と馬鹿な真似はするな。帰れ。」


自分は何故か泣いていた。