幼い頃、私は頻繁に幽霊が見えました

(小さな子はよく見えますよね)


あれは丹波笹山だったかと思うのですが、

かなり古いうどん屋さんに入った時の事です。


私と向かい合わせに座った父の肩越しに、

奥座敷へ続く暗い廊下がありました。


なんとなく気になって見ていると、

なんとその漆喰の壁から人が出てきて、

そのまま襖を通過して消えていってしまったのです。


その姿は頭から布をすっぽり被ったような姿で、

オバQやらテレサを見慣れていた私は


『こ、こんな典型的な姿の幽霊が存在するのか!?』


と変なポイントで焦った記憶があります。


が、よくよく考えたらその霊が通過したのは父の真後ろ。


咄嗟に


『父が危ない!』


と思い、


「お父さん!」


と声をかけると、


父「あー、いま通ってったね」


ちょ、心配したのに…!w


実は父はちょっとした霊能力者なので、

背中でとっくに気づいていたらしいです。


さて、それから時が経ち、

成人した私は何の気なしに、

この出来事を思い出して話しました。


「お父さん、あの時、

うどん屋さんで頭から布を被った幽霊が出たよね」


すると父は妙な表情でこう言ったのです。


「バカお前…あれは布じゃねぇ。

足まで長く伸びた、白髪だぞ」


・・・き・・・・・・訊かなきゃよかった