えと、小学四年あたりに体験した話です。


家の隣は空き地で、

その周りは雑木林とか色々あって、

格好の遊び場でした。


まぁその頃は秘密基地作ってたんです。


友達と適当に人気の無い、

用水路の手前の林みたいなところを改造?して。


友達とそこで遊んでいたら、

その用水路の向こう側からラッパの音が聞こえてきて。

なんの変哲も無い、ただのラッパの音。


誰か向こうにいるんだなーと思って


「誰ですか~?」


みたいなことを聞いた。


秘密基地だし、なんか他の人に知られるのはいやだしね。


一瞬音は止まって、また音がする。


曲?みたいのも同じだったような気がする。


薄気味悪くてみんなでその場から逃げた。


んで最近まで多分誰かが

そこで練習でもしてたのかなって思ってたんだけど。


この歳になって、ちょっとしたきっかけで

用水路の向こう側の地形を知ってびっくり。


しかもウン十年、少なくとも私たちが聞いた

あの頃から手付かずの状態。


誰かがいじったとかはないみたい。


町外れだし。


だってそこ湿地帯っぽくて人がいれるような地形じゃなかった。


少なくとも記憶に残っているあのラッパは用水路の向こう側、

しかも結構音がでかかったから、用水路のすぐそばのはず。


何気に小さい頃の恐怖ってやつで覚えてるから間違いない。


と思う・・。


なんだったんだろうなぁ、あのラッパ。


不確定要素強くてスマソ。


でもこわかったです。それだけは確かです。


類似話: ラッパの音