私の姉が通う、都立高校の話。


その学校はつい最近、3年ほど前にできた新設校です。


姉が入学した際にもらったパンフレットの写真では、

テラスもあってとてもオシャレな綺麗な校舎でした。


私が去年、姉の体育祭を見にいった時

なぜか体育祭はその学校の校庭ではなく、

すぐ隣にある大きな広場で行われました。


『なんでワザワザ校外でやるの?』


と聞いた私に、姉は笑って答えました。


『校庭ね、まだできてないんだよ。

体育の授業も、全部体育館なの。

うざいよね~!早くしろって感じ(笑』


私は、もう3年もたってるのに、校庭がまだだなんておかしいな。


と思いましたが、体育祭の出し物を見ているうちに、

そんな事はすっかり忘れてしまいました。


体育祭も終わり、姉はかたずけがあるので

私は母と地下鉄の駅へ向かいました。


その時に母が、


『お姉ちゃんの高校、みていかない?すぐ隣だし』


というので、私も乗り気で校舎側へ回り道をしました。


私がメールをうちながら歩いていると、

横にいた母が急に足をとめて、言いました。


『○○(私の名前)、ここ・・』


私が携帯の画面から顔を上げると、

綺麗な校舎・・・と、その手前にある土地。


校門の中には、およそ校庭とは呼べない

ただの『土地』がありました。


茶色い乾いた土に、枯れ草が少し落ちていて、

周りには工事用のコーンがいくつかありました。


『なんか変・・・』


私はなんだか嫌な感じがして、母を見ました。


『○○、みえる?』


母は顔をしかめて、校庭を見つめながら私に聞きました。


私が首を横に振ると、


『そう。ここ、居るよ』


と母は早歩きで駅にむかいました。


校舎の工事に取り掛かった3年前、

校庭を機械でほっていると、墓石が2つ出てきたそうです。


それ以来、工事中の事故が多く校庭の完成は2年以上遅れ、

今だにめどがたっていないとか・・


この話は姉が入学当初に、

先輩から聞いたと言っていた話でしたが、

私は『校庭から墓石』なんてありがちで面白くない。


と言って、すぐ忘れてしまいました。


帰りの電車の中でその事を思い出して怖くなりましたが、

母には言いませんでした。


姉は今もその高校に通っています。


そしてこの春、私も高校生になり姉の高校から

1キロも離れていない高校へ進学します。


私の進学先の高校は新設校で今年初めてできるのですが、

建設予定の校舎には、校庭が設置されません。


都会の方ではないので土地も余ってるんですが・・・


何か関連があるのでしょうか。