ある日のこと、

寝てたら下の階で家族が楽しそうに話をしているんだよ。


その声で目が覚めたので俺も下に降りようと思ったんだ。


何か妙に喉も渇いてたしな。


でも起き上がろうとしても体が動かない。


「お!金縛りか!」


とか思って、金縛りを解いた。


解き方は簡単なんだよ。


腹の「丹田」ってツボを意識して、

そこに力を入れて思いっきり声を出す。


一声出ればもう解けるからな。


で、いつものように金縛りを解いて下に降りた。


せっかくだから家族を脅かしてやろうと思って

足音を立てないようにこっそりと。


いつもより体が軽い感じがしたな。


軽いって言うか、

階段を踏むとその反動で体が浮き上がるような

何か妙な感じだった。


で、階段をこっそり降りて、ふすまを少しだけ開けた。



ビックリしたよ


・・・・


俺んとこは4人家族なんだが、

そこには一家四人が集まってテレビを見ながら団欒してたんだ


当然、俺もいた。


俺は怖くなってバタバタと音を立てて寝室に戻った。



ビックリしたよ


そこにはさっきまでと同じ姿勢で俺が寝ていたんだ。


そこで俺の意識はとんだ。


目が覚めるとものすごく疲れてた。


その日は仕事を休んで一日中寝てた。