小3の頃、父方の実家(宮崎県)に里帰りした。


山の中の一軒家で、

遊び相手なんて誰もいなくて、

しょーがないから毎日

家の外にある牛小屋で牛に謎の草を食わせたりして遊んでた。


ある時それも飽きてしまって、

牛小屋の隅にある掃除ロッカー(?)を開けてみたら、中が真っ暗。


太陽の光浴びて中が見渡せるはずなのに真っ暗(真っ黒?)


『おお?』


と思い片足踏み込んでみたら、

次の瞬間俺は自分の部屋にいた。


千葉県にある自分の家の自分の部屋。


リビングに行ったら母親が昼飯食ってて、

マンガみたいにラーメン噴き出してたwww


『な、なんでいるの?』


とw


俺『わからない。なんでだろー?』


母『ちょっと待ってて。おじいちゃんち電話するから。』


俺『うん』


ここら辺で急に目の前が真っ白になって、

気付いたら牛小屋に戻ってた。


すぐに父の声で


『○○ー!いるかー!?』


って声が聞こえて


『いるよー』


って返事したら


『いるじゃねーかw』


その後母親と電話で話した。


母『あんた・・・あんたさっき家にいなかった?』


俺『うん。いた。』


母『・・・どういう事なの?なんなの?』


俺『わからない・・・。』


もちろん母親も覚えてる。


全く意味がわからない体験だったな。


俺と母親以外は誰も信じてくれないけど。