いとこのねえちゃんが看護婦になったと聞いた時

本当にびっくりした。


ねえちゃんは中学の頃○市で

顔の効く元レデ○ース幹部だった。


中学時代散々ぐれて無茶な走り方をし、

警察から逃げていた時に

派手に事故った時優しくしてくれた看護婦さんに憧れて

どうにか入れた最下位高校で必死で勉強して看護専門に入ったらしい。


そして看護婦になれた。


毎日きつかった。


患者に逆切れしそうになったこと、

先輩のいじめ。それでもがんばった。


ある日、当直の時患者からナースコールが入った。


そこは個人用の、金持ちさんが入院する素敵な別室。


部屋に誰かがいるとのこと。


ものすごい苦しそうな声。


ねえちゃんはその頃先輩からの理不尽ないじめで

かなりカリカリしていた。


へこむ前に逆切れを抑えることで必死だった。


そして部屋に着いた。


ねえちゃんはみた。


うめく患者。


患者を見下ろす黒いコートを着た男。


「あなたなにやってんですか?面会時間はとっくにすぎてますよ!」


ねえちゃんはとりあえずそう言った。


すると男がゆっくり振り返った。


その顔は……


鼻がそげおちて穴だけ。


目があるはずのところに

黒い大きなあなが空いている。


頭蓋骨にところどころ皮膚を貼ったような不自然な顔。


ねえちゃんはたちの悪いいたずらだと思ったらしい。


ねえちゃんはぶちきれた。


患者とぐるかよ。


あたしはつかれてんだ。


今だって疲れた体必死で動かして


だのなんだの考えがまとまる前にねえちゃんはぶちきれた。


「おまえどこのもんじゃ!!そこでなにしとんねんわれ!!

なんやねんその顔おまえなめてんのか?あぁ!?なんかいうてみぃ!」


骸骨顔の男は一瞬ひるんだらしい。


ねえちゃんはめちゃくちゃに怒り狂っていた。


ひきずりだしてやろうとその男の前まで行き、

手をつかむとすり抜けたらしい。


そこで怖がればいいものをねえちゃんはさらにきれた。


その時にはねえちゃんも一応この人は

この世のもんではないと認識はできたそうだが

怒りが止まらなかったらしい。


「おまえしんでんのか!なに未練もってさまよっとんねん!

そんなんやからそんな顔になっとるんじゃ!鏡見てみろ

おまえきもすぎや!!」


その時骸骨の彼は間違いなく

はっきりと傷付いたように

顔をさらに歪めたらしい。


とどめの一発


「おまえ童貞やろ」


骸骨は下を向き

そしてすうっと溶けていくように消えたそうな。


患者から後でものすごく感謝されたらしいです。


ねえちゃんいわく


「幽霊?そんなもんなんぼでもおるけど人間の方が怖いって。

そんなん気にしてたら看護婦やっとれんやろ」


とのことでした。


ねえちゃんのほうがこわい。


今ねえちゃんは看護婦を退職し

旦那さん(郵便局員)と幸せに暮らしております。