俺が中学の頃の体験。


俺がいたクラスは、その日最後の英語の授業をうけていた。


その頃は夏前で、クーラーがないウチの学校はすごく蒸し暑かった。


しかもその日は雨がふっていて、外は異様に暗く、

いつ雷が鳴ってもおかしく無い天気だった。


そのせいか、クラス全体が寄り添うような雰囲気だったのを憶えている。


その日の英語の授業は、自分の事をスピーチするというものだった。


壇上にはちょうど友達のKが立っていて、


俺達が野次をとばす中、そいつはつたない英語でスピーチをはじめた。


スピーチの中盤、突然Kが話すのをやめた。


クラスが「?」という雰囲気になった時、呆然となったKが、


「首が浮いてる」


と、ぼそっとしゃべった。


皆がKの視線の先を見た時、一部の生徒が悲鳴をあげた。


俺もその一人だった。


ちょうど教室のまん中あたりの空中に、髪の毛の塊が浮いていた。


当たり前のような、絶対にあり得ないようなその物体の不気味さに、

教室は見えた奴・見えなかった奴入り乱れてのパニックになった。


しかもその「モノ」は、なかなか姿を消さず、

先生達が集まってくる直前まで空中にとどまり続けた。


結局その日は集団下校のような形になり、

後日、その『モノ』が見えていなかった英語教師の証言で、

あれは集団ヒステリーのようなものだったと、

あっさり片付けられてしまった。


ただ十年近く経った今でも、

空中に浮いていた髪の毛と、

一瞬で狂気に包まれた教室の雰囲気を忘れる事が出来ない。