これは坊がアメリカに留学していた時の話です。


うちは日本人は結構寮に入ってる人が多く

僕もその一人でした。


初日の夜に2人で部屋を散策していると部屋の隅、

丁度ベッドの上に青い文字でWARNING!

という落書きを発見しました。


なんかあるんじゃね??とか話したりしながら

部屋のじゅうたんをはがしたり随分なことをしました。


夜も更けてきたので僕らは寝ることにしました。


しばらくすると、友達が僕をよびました。


文字が光ってる!


天井をみるとWARNING!が光ってます。


それどころじゃなく、

そのしたにもいくつかの文字が光ってました。


かなりビビリの僕らはすぐに管理人の所にいきました。


すると、


あぁね。前の人が蛍光塗料で書いたんだなきっと。


なんてなんてことない返答をしてきました。


部屋に戻り、お互いのビビリ顔の話なんかしながら再び就寝。


しばらくするとまたルームメイトがおこしにきました。


どしたの?


今落書きがきになって調べたんだけどさぁ・・。


ルームメイトは辞書で調べていたようです。


んで、なんて??


《死体に掛ける白い布はどこ?》


部屋を替えてもらいました。