心霊スポット巡りした帰りに実際に体験した話。


友人と、車で山梨県の心霊スポット巡りをした帰り、

夜も遅くなったので、少し食事をして帰ろう、

ということになった。


しかし丁度良い店が見付からない。


仕方ないので、

近くにあったカラオケボックスに入って

食事を取ることにした。


カラオケボックスというのは、

案外、食事のメニューが充実している。


歌いながら酒も頼み、

食事を取るとすぐに体が温まる。


途中で友人は、トイレに行くと言って席を外した。


その間自分は、一人で歌うのもなんだし、

体が温まって開放感もあったために、

ポラロイドカメラで撮影した写真を、1枚1枚、

何かそれらしきモノは写ってないか調べてみることにした。


しばらくすると、

友人もトイレから戻って来たようだったので、

写真を凝視しながら


「どう?何か写ってる?」


と見せると、


「んー」


と首を捻りながら、覗き込んで来た。


「やっぱり霊なんてモノはいねぇか…」


「なんか写ってたり怖い体験を出来たら、

面白かったのになあ…」


と呟くと、いきなり


「バタン!」


と、怒ってカラオケボックスの部屋の扉を閉める音。


自分は友人に何か気に障ることでもしちゃったのかな?

と不安に思いながらも、


「ガラスが割れるだろ!もっと静かに閉めろ!」


と注意すると、

…そこに友人の姿はない。


TVモニターから、

新曲のCMやらPRやらだけが聞こえる部屋の中、

自分ひとりだけである。


「あ…あれ?」


その時は、怖いというより

呆気にとられた感じがした。


…まあ酒も入っていることだし、

少し疲れてるんだろ…、

と気に留めず、何か歌って気を紛らわすか…と、

カラオケのリモコンを操作しようとすると、


「今探してるからちょっと待ってよ」


と、友人の声。


驚いて振り向くと、

きょとんとした顔で曲録をめくりながら、

既にトイレから戻り、

椅子に腰掛けている友人の姿が…。


「!」


まさに顔面蒼白となりながら、

酔いもすっかり醒めて凍りついたように見つめたので、

友人もただならぬ状況を察したのか、

シーンとなってしまった。


「おいおい、こんな所で驚かすのはやめろよー」


「いやいや、マジ!

マジで、本当にお前が戻って来て、

一緒に写真を見たんだって!」


「写真なんてまだ見てないぞーちょっと見せろよ」


友人が、場を持ち直すように

明るく振舞い始めたので、

自分も怖いの半分、しかし


「本当に疲れてしまったんだろうな」


という気持ちも半分で、

少し緊張も解れた感じで写真を見せると


「んー…何も写ってないな、本当に」


「モヤとかオーブとかぐらい写ってないかなあ」


と友人は、

1枚1枚めくりながらブツブツ言った。


「あなたが望むものは、何ですか?」


ふと、TVモニターの、

新曲のPRやらCMやらを紹介する番組の、

司会者みたいな人が番組の流れでそう言ったかと思うと、

モニターから何も聞こえなくなってしまったので、

自分と友人は、無意識なうちに

二人一斉に画面を見たら…

そこには真っ暗な画面から、

こちら側に長い髪の毛を垂らす、

リングの貞子のようなモノが たら~ん…


たまらなくなって、

店の外まで逃げてしまいますた。


まあ、すぐに気を取り直して店に戻って、

部屋から荷物を持って、

会計を済ませて店を出ましたがね。


文章にするとあんま怖くないが、

実際に体験するとマジ怖ひ...


ちなみに、撮った写真は、

その時のドタバタのせいで、どっかいっちまったYo