亡きうちの婆さんが親父に語ったという話。


そして俺が親父から聞いた話。


大戦末期、

爺さんはのらりくらりと免れていたが、

ついに出征の命令がきた。


爺さんは名誉なことなどとは思えなかったらしく、

もう生きてかえってはこれない、

俺はもう終わりだ、

と毎晩泣きながら酒浸りだったらしい。


婆さんはなんて臆病な男なんだろう、

とほとほと呆れ果てていたそうだ。


しかし、

ある日爺さんは上機嫌で帰ってくると、

婆さんにこう語った。


気まぐれに近所のお狐さんを参ったところ、

お狐さんの声が聞こえたとか。


そんなに死にたくないのならば、

わしがなんとかしてやろう。


その代わりに、

休みの日は毎朝必ずここを掃除し、

供え物を絶やしてはならない。


婆さんはとうとうおかしくなったかと相手にしなかった。


しかしその日以来、

爺さんは人が変わったかのように俄然やる気になって、

意気揚々と戦地へ向かった。


婆さんはあんな臆病者が

とても戦場で生き抜くことはできないだろう、

と半ば諦めて送り出した。


終戦を迎え、

爺さんは帰ってきた。


爺さんによると、

何度も死ぬかと思ったが、

その都度奇跡的な出来事が続き、

生き延びることができたらしい。


その中でも印象的だったのは、

名前も知らない味方の兵士が、

何度もあった危機的状況にふっと現れ、

活躍したという。


その兵士の活躍が

結果的に爺さんを助けることとなったとか。


その兵士はいつも将棋の駒を身につけており、

爺さんもそれにあやかり自作の駒をお守りとし、

身につけていた。


部隊がほぼ壊滅したなか、

爺さんは五体満足で帰ってきた。


爺さんはあれはお狐さんの兵隊だ、

お狐さんは将棋好きなんだ。

と興奮しながら婆さんに語ったという。


帰還後、

爺さんは少ない元手から商売を始めたが、

なかなかうまくいかず苦労した。


しかし忙しいなかでも

お狐さんとの約束はきちんと守っていた。


四人目となる親父が産まれたころ、

商売は少しずつ軌道にのり、

あれよあれよというまに

爺さんは少なくない財を築いた。


しかし、そのころになると、

爺さんは博打や女に呆けるようになり、

家庭をないがしろにするようになっていった。


家には金を入れていたので、

婆さんは泣く泣く我慢していた。


お狐さんとの約束も次第にいい加減になっていき、

とうとう近づくこともなくなった。


異変が起きたのは間もなくのこと。


長男と長女が相次いで亡くなり、

爺さんも肝臓を痛め倒れた。


痛みに苦しみ、

毎晩夢でうなされる爺さんは、

お狐さんの祟りだ。


お前が代わりにお狐さんとの約束を守ってこい、

と婆さんに命じた。


婆さんはお狐さんとの約束を代わりに果たしたが、

時すでにおそく、

爺さんは苦しみ抜いて死んでいった。


あっという間に商売は傾き、

婆さんは残された子供らを育てるため相当に苦労した。


しかし、

お狐さんとの約束はきちんと守っていた。


それから目立った不幸はない。


今は親父がお狐さんとの約束を守っている。


親父は俺が小さい頃から、

お父ちゃんになにかあったら

お前がお狐さんとの約束を守るんだ。


お狐さんが助けてくれなかったら

俺もお前も生まれてこなかったかもしれない。


お狐さんへの感謝の気持ちを忘れるな。

とよく聞かされた。


俺は親父が健在のうちに

今の仕事を一段落つけて実家に帰る。


お狐さんとの約束を守り、

そして子供たちに引き継ぐためにだ。