学生時代、

コンビニの深夜バイトやってたんだが、

そこで体験した話を書かせてねん


深夜2時頃、

突然停電が起きた


外に出てみたが、

どうも停電しているのはうちだけだ


アイスとかどうすんだ、と思い

休憩中の先輩を呼びにいこうとしたら、

バックヤードのドア前に女が立っていた


たしか客はいなかったはずだが?


すいません、

ちょっと電気消えちゃったみたいで、

今なんとかしますんで、ちょっとお待ちください、

と謝ったら、


×××


何か言ってる


聞き返すと、


重い、、重いんだよ!


といきなり怒鳴られた


そのまま女はすごい早口で捲し立てた


いつもいつもどいつもこいつも重くて重くてたまらない、

お前らはなにも考えてない、

みんな迷惑している!


こんな感じで始まって、

全部は聞き取れなかったが、

文句をえらい早口でベラベラ言われた


俺はヤベー客来ちまったな、

とりあえず謝ろう、と

ひたすらすいませんを繰り返したのだが、

お前なんかに言っても仕方ない、

みたいなことを言われ、

女はレジ裏に早足で歩き、

スッとしゃがんだ


俺は慌てて追いかけると、

女はすでにいなくなっていた


呆然と立ち尽くしていると、

電気が着いた


その時初めてあれは生きてるものじゃないのかも、、

と思い震えがきた


寝ていた先輩を叩き起こし、報告すると、


なにお前初めて?

俺なんか夜勤のたびよく見てるよ、、

うるせーんだよな、あいつ、、

なんもしてこないからほっとけよ


と素っ気ない返事だった


翌朝、店長に報告すると、

店長もすでに知っていた


どうやら開店当初から現れているらしい


店長ももう慣れた様子で、

気にするな、と言われた


しかし、新人の女の子がそれを見て錯乱し、

110やら119やらかけまくって

近所でちょっとした騒ぎになったのをきっかけに

店長も重い腰を上げた


どこから連れてきたのかわからないが、

お祓いの専門家がやってきて、儀式を行った


俺は大学休んで見物にいったが、

なんだか物々しい祭壇みたいのを構えて

呪文のようなものを唱えてた


で、その人が言うには、

ここは昔小さな集落があり、

合戦の際に略奪にあい、

多くの命が無惨な目にあったとか

お札や熊手みたいのを渡され、

目立たないところに置けという指示を受けた


店長は高い金を払ったみたいだし、

みんなこれで安心みたいな安堵感だったが、

俺には解せない


俺が見たのはキャミソールの今風の女で、

とても昔の人には見えなかった


みんなはそれからお化けは出なくなったと喜んでいたが、

俺はいまだにキャミの女を見る


気づくまでしばらくかかったが、

俺が見ている女とみんなが見ていた女は違う


それに気がついたときが一番、

洒落にならないくらい怖くなった


バイトはすぐやめた


それから女を見ることは格段に減ったが、

今でもたまに見る


夜、チャリでコンビニの前を通ったときなど、

ガラス越しに店内にいるのを見る


一度立ち止まってよく見てみたが、

ぶつぶつ口を動かしていたり、

なにか叫んでいるようだったり

相変わらず文句を言っているのだろうか


これは俺の予想だが、

女は俺に何かを訴えようとしているんではなく、

たまたまそこにいた俺が気づいてしまっただけなんじゃないかと


幽霊を見るってのはこんな感じなのか、

と思った


交通事故みたいなもんだよな


補足ね


女は突然現れ、突然消える

ってのを除けば全く普通の人間のようだった


その気になって触ろうと思えば

触れるんじゃないかってくらい


ってことは、

普段人込みの中で見過ごしてる人達の中にも、

この世のものじゃないものがいるんじゃないかって思うんだ


それに気づくにはきっかけがいるんじゃないか、

きっかけがないまま見過ごしている、

見えているのに気づいていない、

そんな連中がいるんじゃないかと思うと

人込みが不気味なものに見えるんだ