大学生の頃、友人3人(A,B,C)と

Cの家の近くにある有名な心霊スポットに

胆試しに行くことになった。


その心霊スポットとは

ある画家の廃墟になったアトリエでした。


なんでも、うまく絵がかけなくて、

気が狂って自殺したそうです。


午後8時に現地(廃墟の隣にある駐車場)集合することになり、

僕はAとBと一緒に僕の車で現地に向かい、

Cだけは近いということで自転車で向かうことになりました。


僕たち3人は現地に午後7時半に着きました。


そしたら、いたずら好きのBがニヤリと笑って


「Cを脅かしてやろうぜ!」


といい、僕とAはそれに賛同しました。


Aが


「でも、どうやって脅かす?」


って言ったらBが


「いい考えがある!

ちょっと廃墟のアトリエで準備してくる」


と言ったので、僕が


「でも大丈夫か?廃墟はやめたほうがいいよ」


といいましたが、Bが


「お前は怖がりだなぁ」


って馬鹿にしたので

それ以上は止めませんでした。


Aが


「7時50分までは戻ってこいよ。Cが来てしまうから」


というとBは


「わかってる、わかってる」


といって廃墟の中に入って行きました。


とりあえず、Aと僕は

近くの物陰に隠れて待つことにしました。


何分たったでしょうか、


僕は異変に気づき始めました。


背筋のあたりが急に寒くなってきたのです。


なぜだか分かりませんが足が震え始めました。


Aに


「いやな予感がする」


といったら、Aも


「お前もか・・・」


と青白い顔をしてこちらを見ました。


僕は


「やばいぜ、Bが戻ってきたら

Cを待って一旦引き上げよう」


といいました。


7時50分になりました。


Bは戻ってきません。


と同時にCがやって来ました。


事情を全部Cに話しました。


そしたらCは


「どうして一人で行かせたんだよ!」


とカンカンに怒っています。


とりあえず、

3人で8時まで待つことにしました。


さっきよりさらに背筋に

ゾワゾワするものを感じてきました。


いつの間にか8時20分になってました。


Cが


「もう限界だ、中に入ろう!」


といったので


3人で廃墟のアトリエに入ることに決めたそのとき、

廃墟のドアがゆっくり開きました。


Bか?


と思いましたが、

そこに立っていたのは白装束で髪が長く、

血だらけの顔で右手には包丁、

そして左手にはよく見えないが

おそらくはBの生首!!を持っている人が立っていました。


僕たち3人は悲鳴を上げ

全力で駐車場のほうへ走りました。


後ろを振り返ると首は落としたのか、

包丁だけもった人が追いかけてきます。


なんとか僕たち3人は車に逃げ込み、

エンジンをかけて車を発射させました。


しかし、その血だらけ男はその瞬間に追いつき、

車にしがみついてきました。


怖くなって、スピードを上げ、

左右にハンドルを切ったら、

その男は振り落とされ、

どうやら岩で頭をぶつけたようで、

それ以上は追ってきませんでした。


とにかく逃げ切った僕たち3人はそのまま警察に行き、

Bが殺されたことを警察に伝えました。


次の日、Bの遺体が見つかったそうです。


しかし、なぜか首はついてました。


そして、なぜか、

顔には赤い絵の具が塗ってあり

白いシーツを身にまとっていたそうです。


近くにBの似顔絵が落ちてありました。


そして、硬いものに頭を

ぶつけたのが死因だそうです。