ある祭りの日のこと。


俺たち(3人)は、昔から、

化け物がでると有名だった神社に酔った勢いで肝試しに行った。


もう辺りは暗く、木が風に揺れる音だけが、

不気味に響き渡っていた(深夜1時頃)


その神社は辺りが草や木で覆われ、門をくぐって、

階段(かなり長い)を登った頂上に参拝場があるような作りだったので、

誰も人はこない廃れた神社だった


俺たちは草むらを掻き分け、

やっとのことでその神社の門に着いた。


その門は、赤く塗られた木でできていた


しかし、所々、木の色が見えている

(ペンキが劣化してハゲてきたんだろうと思った)


すると、友達が、いきなり、

焦った顔で俺たちに話し掛けてきた


「おい!おまえら、これ見ろよ」


俺たちは(酔っていたので)わざとガキみたいに、

ハシャギながら、そいつのところに行った


行ってみると、そいつは門の裏側を見ていた。


俺たちも、なんとなく見てみた。


するとそこには、ガキの落書きのような汚い字で


「あなたたちを殺してあげる」


なんて、青いペンのようなもので書かれていた。


友人は


「昔ガキとかか遊びで書いたんだろう」


と言って、その文字を触った。


すると、友人の手に青いインクが着いた。


友人「おい!これ書きたてなんじゃねーの」


俺「いや、辺りの湿気とかが、ついて、濡れていたから、

おまえが触ることによって、インクが剥がれただけさぁ」


なんて言ってみた。


で、門をくぐって階段を上っていった。


途中、友人達の足音が聞こえないことに気付いた


後ろを見てみると、2人いた友人がいない。


俺は急いできたんだなと思い、少し引き返した。


すると案の定、友人達が少し後ろを歩いていた。


しかし、二人とも、なぜか、下を見たままだった。


俺が声をかけても、

ただ、人形のように歩くだけだった。


しかたなく、友人達に歩み寄り、

おい!って肩を叩いた。


すると、一人の友人が、顔をあげ、目を大きく光らせ、


「おまえを殺してやるー」


何て言ってきた。


俺はマジでびびりながら、

全力で階段を上った。


しかし、友人は後を追ってこなかったので、

恐る恐る、後ろを見た、

すると、友人二人が爆笑していた。


友人「〇〇、冗談に決まってんじゃんwww」


なんて言ってきた。


俺はびびって逃げたことに後悔した。


なんだかんだ言いながら、

俺たちは、参拝場に着いた。


鈴があり、賽銭箱、

奥は、障子みたいな戸で閉められている


友人の一人が、前から、

奥になにがあるのか見たかったんだよな~。

と言って、勝手に障子を開けて入っていった。


すると案外、奥が深いみたいで、

なかなか帰ってこない。


俺「おい、どうした?」


と声をかけた。


すると、奴が出てきた。


しかし、様子がおかしい


その友人「オマイラ、ニゲロ」


俺たちは、また冗談かよって言った


その友人が、いきなり倒れた


すると、その友人の後ろには、

赤い返り血を浴びた手にナイフを持っている少女がいた。


中から、テレビの音が聞こえた。


俺たちは初めて、

怖さで動けないことを体験した


少女「殺すっていったじゃん」


少女が笑いながらナイフを振り上げ、

俺たちに襲い掛かってきた。


俺は頭を真っ二つに切られた。


眩しい光で目が覚めた。


気付いたら、

俺たち三人は門の前で爆睡していた。


みんなを起こして、

俺のみた夢の話をした。


すると、みんなも、同じ夢を見たらしい


なぜだか、門の赤が、さらに濃くなっていた


友人の手には、青いインクが、ついていた。