別れた彼女の話なんだが。


まぁ俺が遊び人だったってこともあって、

ひどい振り方したんだよ。


なんで?って

泣きじゃくる彼女をヘラヘラ笑って罵倒してたんだ。


お前が悪い、

俺をつなぎ止めるだけの魅力がない、

とか言って。


忘れない、とか許さない、とか言い出したから

やばいかなと思って

そのまま彼女の部屋から出ていったんだけど。


それからすぐ、

別の彼女見つけてよろしくやってたわけだが、

なんかその頃から、

ふとした瞬間にちょっと遠くの方から

「ぎぃこ、ぎぃこ」って不快な音が聞こえるようになってさ。


音のする方見てもなにもないし、

幻聴かと思って医者に行っても原因不明。


まぁ疲れてんだろ、

ってことで気にしてなかった。


ある晩、新しい彼女連れ込んでやることやった後寝ようとしたら、

また「ぎぃこ、ぎぃこ」ってのが聞こえる。


もう電気も消してたんだけど

さすがに気になったから電気をつけてみた。


別れた彼女が物凄い形相で歯軋りしてる音だった。


口中血まみれにして顔歪ませて包丁持って。


びびりまくって腰も抜けて、

あー刺し殺される、って思ったとき、

彼女が歯軋りやめてこう言った。


「許さない。忘れさせない」


んで、自分で自分の首切った。


真横に飛ぶぐらい勢い良く血が出て、

彼女は操り人形みたくギクシャクしながら倒れてった。


警察と救急車呼んだあとはあんま覚えてない。


結局彼女は死んでしまって、

警察には疑われたけど自殺ってことになった。


俺は遊びはやめたけど、

真剣に人を好きになれなくなった。


怖くて。


今も「ぎぃこ、ぎぃこ」に近い音がすると、

全身に悪寒が走る。