私が通ってた高校には「別館」と呼ばれる校舎があって、

そこには2階にワープロ室等の幾つかの特別教室の他は

6階まで各部活の部室や生徒会の倉庫しかありませんでした。


部活に入ってない生徒には別館に来たこともない人がいたと思います。


私は6階にある部室を使っていたのですが

ある日廊下にポツポツと鳥の羽が落ちていました。


ウチの部室には箒とチリトリがなく5階の部活に借りにゆきました。


私が5階に着くと5階の廊下でも鳥の羽が落ちていて下級生が掃除しているところでした。

私が6階にも羽が落ちていることを話すと年上の私に遠慮してか、

お先にどうぞ、と箒とチリトリを貸してくれ、私は6階を掃除して5階に返しにゆきました。


雑談をしながら5階の生徒が廊下を掃除しているのをなんとなく見ていました。


5階には明らかに6階よりも多くの羽が落ちていて、何があったんだろうね?と話していました。


ところで5階は一番奥にある部屋は空き部屋で、

その行き止まりには使わない机や椅子が乱雑に積み上げられていました。


羽はその机や椅子にも散乱していました。


箒とチリトリを貸してもらったお礼に手伝おうと近寄っていって、

机や椅子を1/3ほどどかしたころだったでしょうか。


床に散らばる4羽の鳩の屍骸を見つけたのは。


みんな胸や腹から血を滲ませて仰向けに倒れていました。


そしてマヨネーズが蓋を開けられて少し搾り出されていた状態でそばに置いてありました。


私も気持ち悪くてよく見たわけではないので新しいものか古いのか等はよく分かりません。


ただ、前日までは羽など落ちていなかったことだけは確かです。


次の日学校へ行くと3階の部活の友達が


「昨日、部室前の廊下に鳥の羽みたいのがたくさん落ちていた」


と話していました。


他の階がどうだったか分りません。


そしてあの鳩とマヨネーズは誰がどうして置いたのかも。