突然、夜中に携帯に電話がかかってきた。


見ると仲のいい友達。


なんじゃろと思って出ると、

突然「死にたい」と言い出した。


理由を聞いても、

はっきりせず対応しようがない。


ついでに言うと、

こっちも酒を飲んでおり、

いい気分でいたので多少苛立ちがあった。


そのせいか、


「死にたいなら死ぬがいいさ」


とあっさり言ってしまった。


友人は、


「そうか」


と一言言って切ってしまった。


次の日、

彼はごく普通に大学に来ていた。


最後にあんなことをいったとはいえ心配だった俺は

彼に夜の出来事のことを問いただした。


「いや、俺お前に電話掛けてないけど?」


彼の答えはそれだった。


ふざけんなと言いながら、

着信履歴を見せると彼は笑いながら


「そっちの携帯落としちまったから、

今は2台目の携帯で連絡してるだろ?」


ともうひとつの携帯を見せた。


そういえば、

アドレス帳のこいつのデータは二つ登録されていて、

夜にかかってきたのはなくした方の携帯だった。


では、昨日かけてきた相手は誰だったのか?


大丈夫なのかと、

悶々としていたとき

すぐに答えは出てきた。


「おい!Bが電車に飛び込んで死んだってよ!」


ちなみに、

Bの持ち物を調べてもらったところ、

友人の携帯があったそうだ。