センパイのゼミ仲間(Aさんとします)が体験したお話。


その日Aさんは、

マンションに住む友人の家へ遊びに行くことになっていた。


友人の部屋は12階、

そのマンションの最上階であった。


階段で上るのはしんどいので、

エレベーターに乗り込んで、

12階のボタンを押す。


エレベーターには、

他には誰も乗っていなかった。


(12階か、長いなあ。)


なんて思っていると、

不意に2階でドアが開いた。


しかしそこには誰もいない。


(誰かが押したのかな。)


気にせずにドアを閉めるも、

3階でまたドアが開く。


4階でも、その上の階でも、

そのまた上の階でも、

途中すべての階でドアが開く。


さすがに気味が悪くなったものの、

階段で上るのは億劫で乗り続けて11階。


(やっと次で降りれる・・・)


早く降りたい気持ちを抑えながらも、

ようやく12階へついたその瞬間、


「ビーーーーーー」


けたたましい音で重量オーバーの警告音が鳴り、

驚きと恐怖でAさんはエレベーターを飛び出し、

友人の部屋へ駆け込んだ。


そのエレベーターの定員は11人。


一階ごとに「誰か」が乗り込んでいたのであろうか・・・