自分が小学生だったころの話


当時自分が通っていた小学校には

体育館の男子便所に

「使用禁止」という張り紙がしてあった和式トイレがありました


そのトイレの扉には木でかんぬき?のようなものがしてあり

かんぬきを外せば簡単に中に入ることができました


またそのトイレは結構昔からあるようで

その小学校を卒業した中・高校生の人たちも知っていました


そんな感じで

小学校の七不思議的なものの一つになっていたので

自分らがそのトイレを使ってみようということになり、

まず友達のTがかんぬきを外し中に入りました


そこで、すかさず自分らがかんぬきを扉にして

Tを閉じ籠めて外に出たのです。


それから一時間ぐらい放置して


「そろそろTを出すかw」


というコトになり、

Tの反応を楽しみにしながら男子便所に入ったのですが

中はシーンとしていて誰もいないような雰囲気でした


嫌な予感がした自分らは

急いで使用禁止のトイレの扉を開けました


しかし中にTはいませんでした


その男子便所には

体育館に抜ける道もありましたので

Tはどうにかしてトイレから脱出して

体育館に行ったのかと思い探してましたが

結局Tはおらず


「家に帰ったのかも」


ということになりTの家に寄りましたが

家にもTはおらず

その日のうちに教師たちやPTAで

探してみることになりました


それでもどこに行ったのかわからず

とうとう警察が・・


それから数日後、

自分らが閉じ込めたあの使用禁止のトイレから

Tが発見されたとの報告がありました


自分らはTに謝りにいこうとしましたが

何故か大人たちは会わせてくれませんでした


その後、Tは学校に来なくなり

夏休みが終わった頃には転校してしまいました


理由は家庭の都合と聞かされました


ただ中学に上がったころ知ったのですが

あそこの使用禁止トイレは

昔いじめられていた子が自殺した場所だったらしく

その子はいつもひとりぼっちで寂しがっていたそうです