久し振りに会った友達の話です。


その友達はダイビングにハマって、

私と会う前にも4日間くらい海外にライセンスを取りに行ってました。


その日はお土産話と写真を見せてもらう為に

夕食を一緒に食べてました。


ファミレスのテーブル一杯に写真を広げて…。


一人で行ったのに、

よくこんなに撮ったなって感じで。


で、

ダイビングの写真を見せてもらっている時にふ

と気がつきました。


2本目を潜る前の写真だというのですが、

ウェットスーツを腰まで着て

海をバックにVサインして

インストラクターに撮って貰ったその写真の彼女、

右肩がやけに下がっているんです。


膝辺りまで海に浸かっているので、

最初は段差のあるところに立っているのかなとも思ったんですが、

腰の辺りとかは平行になっている。


よく考えたら写真を撮るのに、

波がある海上で段差のある所に

わざわざ立つなんて考えられませんよね。


私がその写真をじっと見ているせいか、

彼女が笑いながら話しかけてきました。


「そういえばね、

1本目潜った時にインストラクターの人が先行しているはずなのに、

いきなり右腕を引っ張られたような気がしてね~。

なんでかそっちに行こうとしちゃったよww

で、その時にインストラクターの人が

『どこ行くの?』って感じでぽんと左肩を叩いてきてさ~。

何考えてたんだろって今は不思議なんだよねwwwww」


やだそれ、恐怖体験じゃんwwwwww

って言おうとしたけど、言えませんでした。


だって、目の前に座る彼女の右肩は

明らかに下がっていました。


そう。まるでテーブルの下から

誰かが右腕を引っ張っているかのように