私が中学生の時の話です


私は学校から直接、

友達と一緒に塾に行っていました


塾に向かう道の途中には

大きな廃屋(むしろ豪邸と表現するべきかもしれない)があります


何か不気味な雰囲気を纏った廃屋でしたが、

特に怖い話は聞いたことがありませんでした


ある日、友達が風邪で休んだので

私は一人で塾に行くことになりました


てくてくと歩いていって、

廃屋の前に差し掛かった時、

女の人がそこからふらっと出てきました


廃屋から人が出てきたことを少し不審に思いましたが

声をかける理由も無いので、そのまま行こうとすると

その女の人がこちらを向いてニコッと笑ってきたのです


私は少し怖くなりましたが、

とりあえず笑顔を返しました


次の日、

友達が登校してきたので、

その事を話してみると


「あの家はずっと使われてないデスヨ。

見間違いじゃないですか?

それとも幽霊とか!w

あはははははははは!」


とか何とか言われ、

しこたま笑われました


しこたま笑われた私は、

あの女の人を見間違いだと信じることにしました


かなり無理がありますが・・・


女の人をみてから一ヶ月ほど経って、

クラスの仕事で遅くなった私は

塾に一人で行くことになりました


その日は別の友達(以下Iくん)が忘れ物をしていたので、

それを塾のついでに届けようとしていました


それには、

またあの道を通らなければかなり遠回りになってしまうので

あの道を通ることになりました


するとやはり、

あの女の人がいるのです


私がそこを通り過ぎると、

女の人は私の後を歩いてついてきました


そこからIくんの家まで行くには、

道を何回も曲がらなければ行けません


それでも女の人は

私の後ろを微笑みながらついてきます


私は女の人に


「ついてくるな」


と言おうと思いましたが、

女の人の家がこの道の先にあり、

なおかつ私が通り過ぎた時にたまたま帰ろうとした、

という可能性があるので言うことができませんでした


Iくんの家に着き、

そこで30分くらい話をしました


塾に遅れるわけにはいかないので、

Iくんの家を出ると、

女の人がIくんの家の外に


こっちを見て、

微笑みながら待って(?)いたのです


流石に怖くなった私は、

ダッシュで逃げました


しかしどういうわけか

女の人は私の10メートルくらい後ろを

ゆっくりと歩いてついてくるのです


女の人は歩いているのに

いっこうに引き離せず、

私はかなり焦りました


そこからは振り向かずに本気で逃げました


かなりいい記録が出たんじゃないでしょうか


大通りにつくころに、

私は一度だけ振り向きました


やはり女の人はいました


女の人は大通りにでると

追いかけては来なくなりました


走っているときは気づきませんでしたが、

思い出してみると、

追いかけてきていた時の女の人の顔は、

どうにも私に似ていたような気がします