夏休みに大学仲間の男3人で

四国へ旅行に行った時の話なんだけど、

ナビもついてないオンボロ車で、

山中で迷ってしまって、

どうにか国道に出る道を探し回っていた。


あたりも薄暗くなってきていたので内心焦ってたんだけど、

どんどん道が細くなってって、車一台通るのがやっとの道幅。


俺は運転もせず後部座席だったからまだ余裕があったけど、

運転してた友人は相当焦ってたと思う・・・


どんどん道を登っていくと、

腐敗した小屋があり、

覗きこむと小学生くらいの男の子が

自分たちに背を向けたかっこうで立ちすくんでた。


ボーっと。


地元の子だったら道分かるかなぁ?と思って、


「すいませーん!」


と呼びかける。


反応が一切なく、


「おーい僕~!」


と俺も呼びかける。


無反応。


運転席の友人がクラクションを鳴らすと、

顔だけこちらを向けた。


普通の男の子なんだけど、

これ以上ないぐらいに無表情。


「あのさ、国道まで出たいんだけど、

どっち行けば良いか分かるかな?」


表情ひとつ変えずに指をさしてくれた。


俺らの進行方向で正解だったようだ。


暗くなってきていたし、

男の子は小屋の中にいるので顔がよく見えなかったんだけど、

妙に無表情な印象が強くて、

不思議な子だったねと車内で話しながら

俺らは細道をひた走った。


それから3分と走らずに

行き止まりに突き当たった。


「んだよ行き止まりじゃん最悪!

嘘つかれたわさっきの子にぃ~」


友人が愚痴りながら

バックで来た道を戻った。


さっきの小屋があった場所にちょうどスペースがあったので

そこで車をUターンさせ、

来た道を戻ろうとした。


「あれ?さっきの子いないじゃん。」


「ほんとだ。

もう帰ったんじゃない、暗くなってきたし。」


特に気にもかけなかった。


俺らに嘘ついた手前、

急いで帰ったというのもうなづける話だ。


「やばいなぁ。

もう暗いから来た道戻ってみようか。」


ほぼ一本道だったので戻るしか無かった・・・。


俺は何気なく後部座席を振り返って、

もう一度小屋の方を見た。


「ちょ、ちょっとおい!!」


俺が絶叫に近い声をあげると、

友人がびっくりして急ブレーキを踏んだ。


「なにさ!!」


「あれ!!!」


小屋の横でさっきの男の子が立っているのだ。


こちらを向いて。


「なんだよあの子・・・なんか気味悪いな」


何処かに隠れていたのだろうか・・・。


そんな平坦な山道でも無かったのだが・・・。


なにより無表情で、ゾクっとするのだ。


逃げるように俺たちは来た道を戻り、

30分ほどで民家を発見した。


地図を示しながら道を尋ねて、

礼を言って再出発。


「今度こそ大丈夫だ」


友人が安心した声を漏らした。


もう真っ暗になっていたので車を急がせる。


「おい待て待て」


助手席の友人が慌てて運転席の友人を制止させる。


「こっち曲がったらさっきと同じ道じゃんか」


地図に走り書きした道筋を確認する。


確かにこちらで合ってる。


俺たちは怪訝な顔を一斉に並べながら

ゆっくり細道を進んだ。


「ほらあれ、さっきの小屋」


確かにさっきの小屋だ。


間違いない。


男の子の姿は見当たらなかった。


ゆっくり小屋の横を通り過ぎて

行き止まりだと分かっていたが進む。


すると、さっきは気づかなかったが

右に曲がる割と大きな道があるのだ。


見落とした?


それこそあり得ない。


さっきはまだ今よりも明るかったし、

右側は一面が林だったはずなのだ。


「いやぁ、でも良かったなぁ!!」


「・・・」


俺が話しかけても、

運転席と助手席の友人の反応がない。


黙って車を走らせている。


「何々、どうしたよ」


助手席の肩を叩くと


「絶対後ろ見るな、絶対後ろ見るな」


と小さい声でつぶやく。


その瞬間、俺も悟って押し黙った。


俺は気が動転して、

10分ほど目をつぶって

友人らのシートをずっと掴んでいた。


しばらく走ると大きな道に出た。


その途端、助手席と運転席の友人が

合わせたように大きなため息をついた・・・。


「見た?」


「見たというより、見えた・・・」


話を聞くと、

小屋の横を通り過ぎた際に、

フロントライトの反射で小屋の中が見えたそうだ。


そこにさっきの男の子が立っていて、

こちらを見てニターっと笑っていたというのだ。


口は裂けたように大きくて、

目は人間のそれとは違って大きく吊りあがり、

獣のような真っ白な顔だったという。


二人とも説明が合致していた。


狐に摘まれたような体験だったが、

本当に狐の仕業だったのかもしれない。