以前、友達と二人で夜に海に出かけた。


車で1.5時間ほど走り、

途中で花火を買って、

ずっとくだらないお喋りをしながら、

行きははしゃいでいた。


その海には、それまでも結構遊びに行っていたし、

国道沿いでコンビニが近くにあり、遊泳もできる海岸なので、

夜の海とは言っても怖いということはない。


自分は一人でも星を見によく行っていたし。


ところがその日は、

花火を持って砂浜に降りていった時、

異様な雰囲気に少しびびったんだ。


なんか、それまでのテンションが一気に下がる感じ。


別に荒れているとか、

波が高いとかじゃない。


その海岸だけ、闇が濃厚で重いんだ。


でもそれは、明るい車道から、

電灯のない砂浜に来たせいで

目が暗さになれないからだろうと考えることにした。


友達のほうも、

砂浜に降りた途端に無口になっていた。


いつもはすごいお喋りなのに。


怖いのかな、と思ったけど、

なんとなくなにも聞かずにいた。


だって、その場で怖くなったら

パニックになりそうな雰囲気だったから。


その方が怖い。


で、とりあえず買ってきた花火のパッケージを開けた。


その時、なにか気配のようなものを感じて

無意識に海の方を見た。


すると、白い玉が浮いている。


その玉は、直径1mくらいで、

波打ち際から20mくらい奥の空中に浮いていた。


質感は、霧を濃くして丸く固めた感じ。


なぜか、アレを消せばいいと思い、

なぜかロケット花火をその玉に向けてセットした。


その時友達は無言で自分の後ろにいたと思う。


ロケット花火を玉に撃ち込むと、

玉は消えたんだ。


へ~。って思った。


そしたら、

それまで無言だった友達が元気になり、

なんか花火をやりだした。


そしてその白い玉の事も忘れた。


忘れたというか、消えたし、

まぁいいか、的な逃避?


で、花火がなくなり、

なんとなく砂浜に座って話していた時、

友達がとんでもない事を言い出した。


「さっき白いワンピースを着た女の人いたよね?」


とか言うんだ。


そんな人どころか、

他には誰もいなかったのに、だ。


友達によると、

海岸に降りた時に、

ワンピースの女が右手に立っていたらしい。


友達は、こんな時間に一人で、

時代錯誤的な白いワンピースを着た女がいるのが

気持ち悪かったらしい。


当然自分も気づいていると思っていたそうだ。


けど、そんな女はいなかった。


その女は、

自分がロケット花火を放った後、

消えたそうだ。


消えてから、

それまで無言だったが素に戻り、

普通に喋れるようになったらしい。


てっきり、

その女を追い払うために

自分がロケット花火を撃ったと思ったとか。


それは違う。


そんな女はいなかった。


いくらなんでも、

近くに人がいたら気づかないわけない。

と言っても友達は信じない。


信じたら怖いからだろうね。


だから白い玉の話をした。


そんな不気味な女じゃなく、

玉に向けて撃ったんだと。


そしたら友達はギャーと叫んで、

走って逃げた。


おしまい