仲の良い友達が一人暮らししていて、

その家は猫を飼ってるんだ。


とても、人なつこい猫で、

俺も友達の家に行くと一日中でも遊んでやってる。


ある日、友達が出かけるので、

留守番していてくれと言われた。


猫が居るから退屈じゃないし、

良いよと引き受けた。


猫じゃらしで遊んでると、

猫は愛らしく、猫じゃらしを必死で追いかける


かわいくてたまらないんだが、

妙な事に気づいた。


必死で猫じゃらしを追いかけてる途中で、

急に動きを止め、

天井の四隅の角の一部を見つめるんだ。


20秒ほど見つめた後、

何事もなかったかのように

また遊び出す。


しばらくすると、

同じように急に動きを止めて、

天井の角を数十秒見つめるんだ。


怒るわけでもなく、喜ぶ訳でもなく、

ただじっと、見つめるだけなんだ。


俺もそこに近づいて天井の角を見たが、

何も無いし・・・・


でも、なんだか嫌な感じはしたんだ。


気味が悪いなと思いつつ猫と遊んで、

遊び飽きた猫は眠りだした。


俺もテレビ見ながらうとうとしていたら、

夢うつつで若い女性のゆめをみた。


友達の部屋の猫が見つめていた角にその女は立ち、

寝ている俺を見つめている。


俺は金縛りにあっていたようで、動けない。


ふいに、耳元で「ちがう」という女性の声で目が覚めた。


気がつくと俺が寝ているそばで、

猫がちょこんと座っていた。


猫に助けられたのかなと思いつつ、

もう一眠りするのも怖いので、

テレビ見たり、

猫と遊んだりして時間つぶしていた。


しばらくして、

友達が彼女を連れて帰ってきた。


その瞬間、俺は見逃さなかった。


猫がまた、

部屋の天井の角を見つめている。


主人が帰ってきたというのに。


「すまん。遅くなった」


と謝る友達、

俺は一刻も早く帰りたかったが、

聞いてみた


「猫が部屋の天井見つめるけどあれ何なん?」


と聞いたが、友達は無関心に、


「そうかぁ?そういわれればそういう気もする」


と答えた。


どうも気にして無いらしい


帰るわと言って外に出ようとしたとき、

友達が俺も彼女と買い物行くから、

一緒に外に出るわと言った。


玄関口に来たとき、

今まで、鳴かなかった猫がめずらしく、

友達に向けて鳴いてる。


友達は


「すぐ、帰るから待っとき」


と言って鍵を閉めた。


マンションの下まで来たとき、

友達と彼女は車で行くつもりらしく、

俺に駅まで送っていくから乗れと言った。


俺は嫌な気分でいっぱいだったので、

寄るところ有るから、ここで良いと断った。


友達は、そうかぁ。。


今日はありがとうと言って、

車を出発させた。


俺は見た。


友達の車が走り出したとき、

車の真下にしがみつき、

テールランプの下から笑いながら顔を出す女性の顔を。


その後、友達に教えてやるべきか悩んだが、

俺の錯覚かもしれんし、

友達自身に何も起こってないし、

言わなかった。


その後、数年間、仲良くしていたが、

友達の身に何も起こらず元気だった。


もちろん、猫も元気一杯で、

相変わらず人なつこかった。


猫が彼を守ってる限り大丈夫だろう。


就職してから疎遠になったが、

元気にやってるだろうか。