中学生の時の話。


ベッドで寝ていたら、

1階から母親が


「ご飯できたよ~。下りてきなさ~い」


と叫ぶ声が聞こえて目が覚めました。


当時の私は部活をやっていて、

疲れて夕食前に昼寝をしてしまうことが

しょっちゃうあったんです。


だからまたやっちゃったなと思いながら、

枕元のケータイを持って自分の部屋のドアを開けました。


でも階段を半分下った所で気が付きました。


1階は真っ暗。


ケータイの時計は夜中の3時だし、

自分はちゃんとパジャマを着ている。


真っ青になり、走って部屋に戻って、

毛布をかぶって震えていると


ドンドンドンドンドンドンドンドン


「ご飯できたっていってるでしょ!

いい加減起きなさい!起きなさい!起きなさい!起きなさい!起きなさい!!!!

起きろ起きろ起きろ起きろ起きろ起きろ」


激しくドアを叩く音と

恐ろしい母親の声で気を失った。


目が覚めたら次の日。


母親に聞いても


「こわw寝ぼけてたんでしょ」


っていうだけ。


拙い文章で申し訳ない。


怖さが伝わらないかもしれないけど、

あの時は本気で心臓飛び出るかと思ったw