小学校3年生の時の事だ。


ある日、1人で部屋にいる時に不気味な物を見た。


留守番をしながらピコピコとFF4をやっていた時だ。


一瞬、視界の左上の方を白い何かが通り過ぎるのが見えた。


すぐさま、左上に視界を向けたが、何も無かった。


あぁ、気のせいだと思いながら、ゲームをやろうと

コントローラーを握り直した時に、後ろの方に悪寒を感じた。


バッっと後ろを振り返ると、天井の壁の角に

白い顔をした黒目だけの女が張り付いていた。


そいつは、俺と目があうと口を横に広げニタァーと笑った。

(口は明らかに、裂けているようだった)


次の瞬間、

ガサガサっと壁をそいつは素早く移動し始めて、

俺の方に向かってきた。


無我夢中で俺は部屋の窓から外に飛び出し、

近くの友達の家にダッシュした。


今は、そこの家を引っ越したが

怖くて部屋に1人でいることは出来ない。


白目がなく、

黒目だけだったあの顔が今でもトラウマだ。