私の姉が実際に体験した実話です。


姉が小学生の頃、

学校の怪談がちょっとしたブームになってました。


姉も例に漏れず怖い話に夢中で、

友達といつも休み時間に面白おかしく怖い話をしてたそうです。


ですが、母は神経質な程のオカルト嫌いで、

姉にそういう本やTVを見ることを禁止してました。


私に対してはそういうことは一切無く、

なぜか姉にだけ禁止していたのです。


そんなある日、

姉が真っ青な顔で学校から帰ってきました。


その日の昼休みに、

学校で本当に体験してしまったと姉は語りました。


以下、その話の内容です。


姉は当時学校の合唱団に入っていました。


その日は昼休みに体育館で練習があり、

姉はクラスメイトと二人で連れ立って体育館へ。


私達の通っていた小学校は古く、

昔病院が建っていた、等といった

ありきたりないわくのある小学校でした。


当時は怪談ブームも手伝って、

体育館には幽霊が出るという噂がありました。


姉とその友達は、

その日たまたま体育館に一番乗りだったそうです。


鍵を開けて中に入ると、

入り口のすぐ横に用具室があり、

体育館の電気のスイッチはその部屋にありました。


姉と友人がスイッチを入れて

電気を点けようとしたらしいのですが、

何故かどれを押しても体育館は薄暗いまま。


おかしいな、と思い

二人は先生を呼びに行こうと

一旦用具室の外に出たそうです。


そして、その時に二人は

ステージの上に佇む女の子に気付いたそうです。


これもまたありきたりで申し訳ないのですが、

白いワンピースの六年生ぐらいの女の子だったそうです。


その子は、

電気の点いていないステージの端の方に、

じっと俯いて立っていました。


薄暗いステージの上で、

何故かとてもハッキリ見えたのだと

姉は言っていました。


姉とその友達はてっきり先に来ていた人がいたのかと思い、

「あのー」と大声で話しかけたそうです。


「電気点かないんですけど、あのー」


と言って二人がステージに近付き、昇ろうとした時。

その子が急に顔をあげて二人を睨みつけてきたそうです。


その顔が本当に怖かったと姉は言ってました。


二人が声をなくしていると、

その子は急に消えてしまったそうです。


姉と友人二人は

一目散に入り口に走ったそうです。


すると開けておいたはずの入り口の引き戸が閉まっていて、

二人がかりでも開かなかったそうです。


そうこうしてる内に、

姉は何だか酷く嫌な感じのものが迫っているのを感じたそうです。


二人で必死に扉を叩いていたら、

不意にガラリとドアが開いて、上級生が。


パニックだった二人が


「電気が、電気が点かない」


と半泣きで訴えると、

上級生が用具室へ。


その上級生がスイッチを押すと、

あんなに点かなかった体育館の電気は

一発で点いたそうです。


その後、

姉と友人は担任にそのことを訴えたそうですが、

聞く耳を持たなかったそうです。


姉がこの話を私と母に話してくれたのですが、

その時、母は


「だからオカルトはやめなさいといったのに」


と言いました。


姉はその出来事以来

あちこちで怖い体験をするようになってしまった

と言っています。


母の話では、

母方の家系の二番目の子供は多かれ少なかれ、

そういう素養があるのだそうです。


何故二番目か、

というのは第一子が必ず死んでしまうから。


現に私達姉妹の一番上も亡くなっています。


十八歳までにそういうことがなければ事なきを得る、

というので母はずっとそれを心配して

オカルトを禁止してたそうです。


ただし、今まで血族の中でそれから逃れた人は

戦争で死んだ先々代だけだったそうです。


何か本当に作り話みたいな話なんですけど、

当時一緒にいた姉の友人に数年後確かめたら

実話だと言ってました。