小学生の頃の話。


大雪の降った翌日の朝、

友達数人と雪遊びをしに行ったんだ。


場所は近くの山にある廃寺みたいなところなんだけど、

開けた平地で、新雪が一面に積もってた。


しばらく雪合戦とかして遊んでたんだけど、

小便したくなって、ひとり離脱。


んで用を足して帰ってくると、

友人たちがいない。


からかわれてるのかな、

と思って名前を呼びながら広場に走ると、

急に穴に落ちた。


一瞬なにが起きたか解からなかったけど、

落とし穴に嵌められたんだな、と思った。


穴は狭いけど結構深くて、

背丈の倍くらいある。


こんな穴、小便してる短期間の間に

子どもが作れるとは思えないんだけど、

当時はそこまで頭が回らなかった。


「おーい、おまえらふざけんなよー」


俺は笑いながら友人たちの名前を呼ぶんだけど、

返事がない。


だんだん心細くなってきて、

泣き出しそうになったとき、

ひょいと顔を突き出す姿が見えた。


それが、なんといったらいいか、

5~6才くらいの子どもの影。


逆光があたってるみたいに、

像がぼやけてる感じなんだけど、

顔だけは妙にハッキリ見える。


顔なんだが、

満面の笑みを浮かべてるんだけど・・・

その、目が、無い。


のっぺらぼうみたいにつるりとしてるんじゃなくて、

目のところが空洞なんだな。


なんだろう、と思ってると、

それが一人増え二人増え、

いつしか穴の周囲を取り囲むように、

皆、眼球の無い目でこっちを覗き込んでる。


すごく楽しそうに。


何故か、恐い、とは思わなかった。


そのかわり、

なんだかすごく哀しくなった。


大声で泣き声をあげた瞬間、

目の前が真っ赤になって、

急に夕方になった。


ぼーっとしてると、

向こうから友達と、

大人が何人か駆け寄ってきた。


「お前今までどこにいってたんだ!」


友人の話によると、

どうやら俺は、

小便をしにいくといって消えてしまったらしい。


雪も積もっているし

崖にでも落ちたかという話になって、

あわや警察沙汰になるところだったそうだ。


俺が立ってたのは元々いた平地の真ん中で、

穴なんてどこにもなかった。


かといって俺が寝てたような跡もなく、

其処にずっと立ってたようにしか思えなかった。

(もちろん、だったら友人たちが気づくはずなんだが)


後になって調べても、

特別に因縁のある場所かどうかは解からなかった。


神隠しみたいな話は地域にいくつかあったけど、

そんなのは何処にでもあるだろうし、

結局なんだったのやら。