知人夫婦から聞いた本当の話。 


当時二人がまだ恋人同士だった頃。

友人数人と車2台で海かどこかにでかけたらしい。

その帰り、山道を通っていた時のこと。 
 

時間は2時をまわり、あたりには民家もなく、薄暗い木々の間を車で走る。 
 

この条件が揃っただけでもかなりの恐怖感があったらしいのだが、 

しばらく走っていると前方左側に、人が一人で歩いているのを発見。 

自分達の乗っている車の後ろを、友人達の乗っている車がついて走っている。 
 

こんな時間にこんな山道で一人歩く人間。恐怖を感じつつも 

その横を通り過ぎようとした瞬間… 


瞬間… その人(?)の顔が、ライトに当たって見えた。 
 

その顔は、目や口などが顔面の中心に集中していて 

目は白目が無く見え、鼻が本当異常なくらい長かったらしい。 
 

例えるなら‘天狗’であるという。 
 

服は、祭りのはっぴのようなものだったらしいが 

あまりにもその顔の印象が強かったために全然覚えていないそう。 
 

後ろを走っていた友人達は、前方のライトのせいかそんな奴はみなかったということ。

しかし、それがもし本物の人間だったとしても 

深夜2時過ぎにはっぴを着て山道を一人歩く人間なんて、それだけで恐ろしい…。