高校で独り暮らししてた時の話だけど、

寺のせがれの同級生ん家に遊び行って

ソイツの部屋で夜遅くまでだべりながら遊んでたんだよね。


丁度夏真っ盛りで

俺は熱闘甲子園をテレビで見てたんだけど、

いつの間にか友達後ろのベッドで寝ちゃってて、


『俺もまぁ適当に寝て朝帰ろうかな...』


なんて思ってテレビ消して

うつむきながらボーとしてたんだけど.....


ふと顔をあげて映り込んで来た

テレビのブラウン管に絶句した。


ブラウン管越しにはっきりと、

俺の首もとに銃剣を突き立てる若い軍服姿の男。


ブラウン管越しに俺の目を見てる。


カッと目を見開いて

明らかな怒りの表情を見せているのが解った。


あまりに恐怖した俺は

声も上げられず.....


再びテレビを付けて見ました。