夜一人で部屋にいるとき、窓の向こうに誰かがいると思ったことない?


ものすごく気配を感じる。でも怖くてカーテンを開くとができない。


そのうち、コンコンと窓をノックする音が聞こえる。ますます怖くて震えてしまう。


開けてはだめだ。開けてはだめだ。すると外から聞き覚えのある声が聞こえてくる。


「おい、開けろよ。俺だよ。」


ただの親友の声だった。男はほっと胸をなでおろす。

しかし、何か変だ。なぜこんな時間に尋ねてくるのだろう。


それに玄関からではなくなぜ窓から来るのか。


怖くなってきたが親友の声は必要に呼びかけてくる。


男性は思い切ってカーテンを開いた。


そこには青白い顔だけの老婆がいた。


驚いてすぐにカーテンを閉め、布団にうずくまりながら必死に

「帰ってくれ、帰ってくれ」と唱えていた。


しばらく窓をドンドンと叩いていたがそのうち何かは窓を越えてカーテンを揺らしはじめた。


恐怖に身を震えていると急にカーテンの向こうの気配が消えた。


・・・去っていったのか?


男はうずくまっていた布団から出ようとしたとき、布団の中からいっしょに老婆がでてきた。


深夜、自室にいるとき窓やドアの向こうに誰かがいるとふと思ったことはないだろうか。


自分以外にいるはずがないのに。


つきなみだがこの話を聞いたときだけその人のところに老婆がやってくるんだって。


くれぐれも怪談などでこの話を使うのはやめたほうがいい。


あなたの身も保証されかねない。


またこれを読んだだけでも効力があるらしく万が一にあなたの所にその老婆がやってくるかもしれない。


そのときは絶対カーテンや窓を開けないようにしてください。