学生の頃友人Tから聞いた話。


ある日Tが友人BとAの家に遊びに行った。


普通の家なんだけど、

階段に不気味なお面が飾ってあったそうだ。


目を彫刻刀で掘ったような、

真っ白い能面のようなお面で、

なんとなく気持ち悪いと思いながらその階段を上り、

二階にあるAの部屋へ。だらだらと数時間過ごし、

そろそろ遅くなってきたので帰ることに。


帰り際、階段を下りる時ふと壁を見ると、

行きにあった不気味なお面がない。


Tが


「あれ?お面は?」


と聞くとAは


「お面?そんなものないよ」


Aは元々お面なんか飾ってない、と言う。


Bにもそのお面が見えていたらしく、

Tと確かにあったよね、

と不思議に思ったらしい。


その話を聞いて数年後、

ある怖い話を特集した本を読んでいたら、

Tから聞いた話と同じような話が載っていました。


それは子供時代に友人と公園で穴を掘って遊んでいたら、

土の中から不気味なお面が、というものでした。


お面の描写はTが話してくれたものとまったく一緒でした。


特にそのお面が何かを起こすとかそういったものでなく、

不自然にそこにあるというところも一緒で、

やはりお面は忽然と消えてなくなったらしいです。


全然関係のないところで似たような話を読み、

なんだかゾッとしました。


他にも不気味なお面について、

似たような話があるんじゃないかと今でも探しています。