高校生だった俺たちは、

夏休みに友達Jの家に集まっていた。


その集団の中に、

霊感のあるTもいた。


夏休みにだった事もあり、

本当にあった呪いのビデオを借りて鑑賞する事になる。


このビデオ、当たりハズレが激しく、

Tに頼んで本当にヤバイ雰囲気の奴を借りてもらっていた。


時刻も0時をまわり、

そろそろビデオを見ようとした時に

Tがやめようと言い出した。


しかし、Jはやめるつもりが無く

すでにプレイヤーにセットしていたため、

渋々見る事になる。


ビデオが始まると、

まず誰もいない部屋の電気がついたり消えたりした。


Tは更に焦る事になる。


次に、テレビがブツンと急に消えた。


テレビが消えた直後、

Tは外に逃げだした。


俺たちは笑ってたが、

消えたテレビの画面を見ると

反射した画面、

つまり俺たちの後ろにあるはずもない

無数の生首があったのだ。


もちろん俺たちも外に逃げだした。


明け方までコンビニで時間を潰したのは

良い思い出である。