小学生の時の話


三・四年生くらいだったかな。


担任の先生(男)が、

今でいう体罰教師ってやつだった。


男女かまわず殴られた。


大嫌いな教師の一人だった。


だけど、時々してくれる恐い話が面白かった。


先生は、いつも話の最後に、


「俺は霊がみえるんだ」


というのが恒例だった。


ある日、俺は夕方近くまで学校にいた。


下校時刻の放送が流れたんで、

あわてて帰り支度をして誰もいない、

夕方の廊下を歩いていた。


すると正面の曲がり角からボソボソ人の声がした。


なんとなく担任だって分かったんで、

俺は非常口の陰に隠れてやりすごすことにした。

(その日、怒られたばっかりだったから。気まずかった)


先生の声が近くに聞こえる。


すごく優しい声だったから驚いた。


なんとなくだけど(帰りなさい)とか

(一人でいけるか)とかいっていた。


陰からみると先生以外だれもいない。


先生は、一人で話していた。


先生は、理科室のドアをあけると、

手で誰かを招くような、

背中を押すような仕草をしたあと、

一人で理科室に入っていった。


俺は恐くて上履きのまんま非常口から出て、

そのまんま家に帰った。


もう十年以上前の話。


先生は【見える】人だったのかなぁ。